2004年9月3日金曜日

drive MJ?--シニアプチバブルは続く

DSC00112DSC00111DSC00110

ちょっと前の話ですが、7月22日の日経朝刊に、新型クラウンマジェスタの6ページ相当の広告企画がついてきました。



イメージ広告をバンバン打つなんて、なんだかバブルのころを思い出しました。あるいは、1兆円を超える利益の1処分案なのかと思ってしまうほど。

でもそんなことやってるから、今もミカワの会社なんだよな、台場のMegaWebのときも「金なら百億単位でだす。ワカモノに弱いから、何か考えてくれっ」て仕事だしてたもん。そういえば、一方のINFINITIも、どうも日本でフッカツするようです。

シニア層向けのプチバブルは、年金破綻までは当分続きそうです。


p.s残念ながらMJのセールスはあまりよろしくないようで。


2 件のコメント:

  1. >シニア層向けのプチバブルは、年金破綻までは当分続きそうです。
    あはは、相当お怒りのご様子、当該年代層にあたる予備軍のひとりとしてはちょい複雑…
    年金でプチバブルってのはちょっと飛躍過ぎると思うけどなぁ。今のシニア世代と言ってもさすがにマジェ買える金額は年金では出てないのでプチバブルを形成してるのはそれなりに成功した人達だと思うよ。なので何買ってもそりゃその人の勝手じゃないかなぁ。それで市場や需要がある限りは対応したいT社の行動も当然だと思う。
    あと、うちの会社もトヨタさんとはいろいろなお付合いが会って今は新しいチャネルレクサスの店舗ソフト、マニュアル的な部分を共同開発しているようですが結構真剣な様子。ヨーロッパの貴族文化とは言わぬまでもプチブル嗜好なんかを先ずは自らが体験するということからやってます。なのでこういったことは日本が欧州のような成熟社会に成りつつあるということだと思いますね。若者がエスタブリッシュに反発するのは成熟社会ではお馴染みの光景なのでお怒りは素直に拝受いたしますけどね。

    返信削除
  2. いやいや、年金破綻前のシニア層に対しての怒りはないですよ。むしろ言いたかったのは、シニア層を当てこんだ安易なマーケは如何なものかということなのですよ。
    なんか、シニア層はおカネがあるはずだから、もっとおカネ使って本物感ださないと・・・とかそそのかされているようですからね。
    成熟社会へ向かうことは大いに結構なのですが、この6p特集はその意味ではいささかワルノリではないかと。

    返信削除