2004年11月17日水曜日

タクシーの後席からモダンリビングを想う

ここ数日非常に多忙で、毎日タクシーで帰宅している。

折角だから、いろいろなクルマを選んで乗るようにしているのだが、最近増えてきた日産のTEANAに初めて乗ってみた。



Matt Bianco(もともとMichael McDonaldだっけ)の音楽でTEANAを連想できるくらい都会的でクールな印象を刷り込まれていたし、6ライトの前後に長いキャビンは、FFのメリットを生かしているようで好感をもっていた。実際に座ってみても、内装の質感はなかなかだし、肩の高さで内装が薄手になっていて、ルーミーさを演出している点が気に入った。


しかーし、30km/h以下でとにかくハーシュネスがキツイ。それ以上では目地もタンタンと乗り越えて行くのだが、妙に上下の振動の周期が速くて、午前様のカラダに応える。そのうち、肩甲骨から上のところで後ろにそっくり返るバックレストのせいで、座面に体重が集中する。すると、平板な座面の表皮が、クッションと分離して前にずれ始める。何なの、この椅子は?カッコばっかじゃん。

週末に日産のテスト系の部署にいる旧友に会ったときにも、椅子のヒドさを指摘していたのを思い出した。彼がいうには、とにかく上体が落ち着かないんだそう。ヘルメットをかぶってようやく頭がヘッドレストに当たるといって僕らを笑わせた。つまり僕が後席で受けた印象と同じだ。

椅子もさることながら、椅子とサスペンションのマッチングがとても悪い。椅子とサスペンションが同じ周波数で振動するので、とにかく落ち着かない。解決策としては、よりホイールレートをプログレッシブにして、サスペンションの動き出しはもっと柔らかくするか、椅子自体を柔らかくして、周波数を下げて、とにかくサスペンションと共振しないようにするべきだ。もう一度フランスのクルマぐらいもういちど研究してほしい。キャラ的にもCitroenあたりとかぶるだろうし。


つまりTEANAは、動いていないときにCMで見たりショールームでみるのはよい。でも使ってみると、かなーり使いづらい。

これってモダンリビングとある意味一緒では?でも、そこまでモダンリビングに殉じたのは、誰のエゴなんだろうか。


・・・というわけでTEANAに懲りた僕は、本日は四角くて小さくて旧いCORONAのタクシーで帰ってきた。もちろん、こっちの方がまだ楽だったので、こうしてentryしていましたとさ。


1 件のコメント:

  1. 車種とは関係ないんだけど僕が最近使ってるのは専ら日本交通の黒タクです。
    http://www.nihon-kotsu.co.jp/products/kuro.html
    ま、車そのものはクラウンなんでお好みに合うかどうかは不明ですが運転手のレベルがハイヤー並で客扱いが実に気持ち良いです。運転手の指名も出来るので一辺試してみる価値ありますよ

    返信削除