2005年4月28日木曜日

富裕層向けプライベートバンキングとクラシックカー投資の怪しさ

みずほHDが2005年秋に保有資産5億円以上の富裕層向けプライベートバンクを設立し、金融商品や不動産だけでなく絵画や高級車の売買を含めた、包括的な資産運用サービスを行うと発表した。



気になるのは当然「高級車の売買」だが、みずほのプレスリリース(pdf)によれば、フェラーリやロールスなどの輸入元であるコーンズと業務提携するとのことで、報道によってはクラシックカーの仲介も含むことになっている。



ここのところ海外ではいろいろな旧いクルマがオークションの過去の最高落札額を更新していて、一種のバブル状態にあるが、要はこのような形で他の金融商品などからシフトしているのかも知れない。現にそのような目的で、ある特定のGP Bugattiなどを買い占めて、すっかり評判を落とした日本人も知っている。


それにしても、旧いクルマの投資で儲けてやろうという輩は、バブル後期にいつも現れる。なぜ後期かというと、それぐらいの商品しかupsideがないからに他ならない。でもこのようなマーケットが非常に限られた投資は、一時的に需給バランスが狂ってバブルになっても、売り先がなくなって暴落するから長期的保有に向かないし、そもそも素人が手を出すと贋作をつかまされる可能性が高い。結局はクルマ屋と手数料を抜く銀行だけが儲かる構図に過ぎないのだ。


どうにもこの手の「富裕層ビジネス」が眉唾ものに見えるのは、自分自身がターゲットではないからなんだろうけれども、いずれにせよ銀行側の論理としては、「富裕層」のカネを転がしてもっと手数料取ろうというのがホンネでありましょう。


本当に欲しいものを買って、十分に楽しむ。お金の使い方ってこれだけで十分だと思うけど。


0 件のコメント:

コメントを投稿