2005年8月15日月曜日

Levi's 501にみる"uncomplicated"なポジション

ちょっと時間が経ってしまったが、ジーンズの原点というべきLevi's 501のキャンペーン、"501uncomplicate"のセンターメッセージには共感を覚えずにいられない。本体のサイトが落ちてしまったので、まずはこのステートメントを引用させていただこう;



So, what's the deal these days?
Haircuts made to look like you just rolled out of bed.
Cars being 'pimped.'
Low-carb, no-sodium, non-alcoholic beer.
Designer everything, soap to soda.
Seriously...
We need to settle down. Get back to what's real.



If it takes you or one of your friends
More than five minutes to choose a pair of jeans--
If you're not sure whether to go with the distressed fade,
or the faded airbrushed,
or the super bleached distressed airburshed faded--



Then put down the half-caf soy latte with cinnamon,
Jump in the sport-utility, off-road,
Multi-person dual-purpose vehicle,
Or fire up the lightweight titanium panorama-screen laptop



And get help now.   < © 2005 Levi Strauss & Co USA >





"Low-carb, no-sodium・・・"のように、難しい説明が先行して、そのような「メタ情報」受けがいいモノゴトが、現物から一人歩きしているのは事実だ。とはいえ、情報はいつか鮮度を失ったあとに残されたモノに辟易しているというのも、今を生きるヒトたちのホンネである。だからこそ、"uncomplicated"に「引いた」ポジションはそのようなヒトたちに「刺さる」はずだ。ただし501のようなモノを、ほかに今すぐでっち上げられるものではないから、この手法はあくまでベーシックライン復活の1手段にしか使えないだろうけれども。



0 件のコメント:

コメントを投稿