2005年9月24日土曜日

My Auto-biography(8/Range Rover)

P1010247 2001年の冬頃のこと、6年間の酷使の末、すっかりくたびれきったAR 75TSに代わるクルマを探すことになった。このころにはすっかりFormula Fordでのレースがエスカレートしていて、トレーラーを曳いてレースに行くのに向いているクルマがよかったため、逡巡の末Classic Range Roverを探し始めた。バブル期に大量に輸入された、革シート+電子部品満載のいわゆる「電子レンジ」を避けると、それ以前のアナログなモデルはこの日本では僅少である。そこでこの道のオーソリティI氏のツテで売り物を紹介いただき、83年式を手にすることができた。このころのRRはキャメル色のファブリックの内装で、ラフな使い方をしたい僕にはぴったりなのだ。
Rangietecno4_2そのスジでは有名な「タマネギの皮色」のオーストラリア仕様のRRは、エンジンを後年の3.9Lに、アクスルをDiscoveryのものに換装してあり、しかもATだった。当初付いてきたHolleyの4バレルキャブをWeber(Edelbrock)の4バレルに換装して幾分か改善したが、街中3-4km/l、高速でも6-7km/lという燃費はやはり極悪といわざるを得ない。でも、魔法のじゅうたんのような乗り味は、グタグタに疲れたレースの帰り道に最適だった(ちょっとスローだったけど)。中にカートを積むのも実に楽で、夜逃げのように荷物を満載して出かけるのは得意中の得意であった。
P8090091_1 でも結局わずか1年半後には、置き場の問題もあってRV誌編集長のもとに引き取られて行った。実のところRangeRoverが似合うライフスタイルが僕にはなかったことが、手放してしまった直接の理由である。つまり僕はRangeRoverに対して力不足だったのだ。だから、もう少し僕が成長したら、また同じ頃の"humble"なRangeをもう一度買いたいと思う。



0 件のコメント:

コメントを投稿