2005年10月30日日曜日

247 on the run

Dsc00365この数ヶ月間、もうすぐ11月上旬カットオーバーの、筋の悪いプロジェクトの運営をまるごと押し付けられていて超多忙だ。そういうわけで今日もまたオフィスにいる。大学院は授業に出るのが精一杯で、いつも22時ごろ再びオフィスに戻り、タクシーで2時ごろ帰る。朝はもちろん9時30分ごろにはオフィスにいる。本当に卒業プロジェクトに着手できるのか?という一抹の不安。
弊社の年齢構成はトップヘビーで、乱暴に物事を決める世代と、決めることが仕事なのに決めないでpass throughするだけの世代は掃いて捨てるほどいる。しかし、実際に手を動かす社員はこの10年間ぐらいわれわれバブル世代から下の世代に移行していない。本来年齢は下に行くほど人数が増える末広がりでないと、業務は回らないはず。代わりに派遣の女性に同等のコミットメントを期待するのも無理だ。
今週末のLe Mans ClassiqueInterClubはどっちも行きたかったな・・。いやはや、まいりました。



2 件のコメント:

  1. ご苦労様です。
    自分の居る処も、近年は若年層の減少に歯止めが掛からずてんやわんやです。
    Portago氏の仕事はともかく、小生の職種は学校にて資格を「買って」きて、その後現場で揉まれ叩かれ育つ筈なのですが、どうも資格をとったから「自分は一人前」と勘違いし、自分勝手に行動しこちらが注意すると「CLOTが居る限り会社に来たくない」とゴネて臍を曲げ。
    御陰で「新人潰し」と上司から睨まれています。私が新人の頃は、注意されずに拳やハンマーが飛んできたモノですが・・・。
    あ、それとPortago氏も佳く御存知の方が週末に好成績を収めた御様子で。おめでとう御座います。来年は貴殿が表彰台の常連になれますよう。     

    返信削除
  2. >CLOTさん
    起きている限りはたらく日々がつづいて、遅くなってしまいました。
    ��少子化&雇用流動化による)派遣=アマチュア社員増加はかなり影響が大きいです。鍛えられない=自分でものを考えなくていい立場の社員が増えて、いちいち誰かが代わりに考えなければならないですし、そういうヒトたちの集合体なので応用力がありません。ちなみに僕は派遣のやつに考えるということを覚えてもらうために、あえて業務マニュアルを自ら作らせようとしましたが、すぐに辞められてしまうことを恐れた腰抜け上司に止められてます。
    「気づかせる」ために鍛える方法としては、CLOTさんのような現場では拳でというのも必要悪なのかもしれません。

    返信削除