2006年3月22日水曜日

Free at last

超多忙だった大学院生活も、日曜日の院内フェスティバルでの発表をもって終了。あとは最終結果を待つのみに。イベント後に、学長先生からご自身のGiuliettaのブレーキが抜けて、ハンドブレーキで止めたという近況報告。これを皮切りに、今日はこれまで大学院に掛けてきたパワーを、堰が切れたようにクルマに投入する。



まず第1弾は、2月に乗り換えたCitroen Xantia Breakにトレーラーけん引用のトーイングブラケットの取り付けと配線。全長4.7mのクルマになってしまったこともあり、今回はデタッチャブルタイプのものを装着。こんなときに、車高をmaxにすると作業がとても楽で、ハイドロの便利さを実感。



Dsc00406 Dsc00407 Dsc00408



これが終わると、夏に手に入れたトレーラーの灯火部品を、車検取得に向けて変更。イギリスで義務化されていないバックアップランプを追加したため、配線をやり直す。


Dsc00410そして、エンジンOHをお願いしていたTecno Formula Fordができ上がったとの報があり、最終チェックのためにガレージ・フェイズワンに。もう、何も文句のつけようのない状態で、あとは引き取って慣らしをやるだけである。


・・・と学業が一段落すれば、やっぱりやることはこんなことばかり。そういえば、これに先んじて土曜日はGiuliettaを車検のために工場に持ってゆき・・・と、今月の出費はエライことになりそうです(泣。