2006年8月27日日曜日

不勉強会(と日本型blog)

同僚に誘われて、現職に関係あるテーマの勉強会に参加。



"未来を創造するプロフェッショナルたちのネットワーク"(笑)という触れ込みを信じ、異業種的な広い視点からの刺激と、レベルの高い議論を期待してのこと。(青い本の)会場に集まったのは、30代を中心とした30人ほど。



で、どうだったかというと、最低の最低。
まず参加者が恐ろしく不勉強。せいぜい青い本に書いてあるフレームワークはそらんじてるようなヤツがいても、そのインプリメンテーションが大間違い。あるいは、卑怯なまでに超抽象的。そういうやつに限って自説に酔って、さも知らないことを知ってるようにとうとうと話す、話す、話す。そりゃそうだ、そんな間違い、リアルビジネスで聞くことはないよ。何が面白いのか、どうやって儲けるかを自分の言葉で説明できないなんて。
さらに不勉強なら知らないことについて謙虚に話を聞けば実りがあるのに、根拠のないプライドに満ちた持論を長々と展開し、最後はウケねらいの落ちを狙う輩が相次ぐ。そんな緊張感のない議論の展開に他の参加者は怒るどころか、お互い馴れ合って笑ってる。横のつるっパゲのオヤヂはさらに悪質で、そんな議論の内容に批評だけして、自分のアイディアは述べない(こいつはきっと元電電出身だろう)。
このように参加者に学ぶ気がないので、勉強会の体をなしていない。しかもファシリテーターは衆愚意見の最小公倍数をすくい上げるのみ(なので、いよいよもって結論ナシ)。


これってどこかで似たものがあるなぁと思っていたら、BBSに起源を発する日本型blogコミュニケーション。ちなみに大学院の師匠のひとりは、これを『毛づくろい』と表現して、はたと膝を打ったことがある。
そういえば日本の「アルファブロガー」とかいわれる面々も、リアルでのつながりが深くなるにつれてお互いが批判できないヌルい関係となっている。だから彼らがリコメンするアフィリエイトリンクをクリックする場合は特に注意が必要だ。例えば近刊の「テレビCM崩壊」なんて、内容は新味なく、日本語的にも読みづらい本だったが、インフルエンサーと持ち上げられる彼らの輪の中ではヨイショしあっている。
というわけで、当分日本型blogコミュニケーションに何かを期待することはやめようと固く決意。


それから、勉強会は参加者が学ぶ意識をもって臨むべき場であるということ、それからexpertiseがあるヒトたちだけの中でやるべきだということ、そしてこれまで僕が環境や仲間に恵まれていたということが、あらためてよくわかりました。せめて、それが収穫ということなのでしょう。


3 件のコメント:

  1. まっちゃん2006年8月28日 1:28

    「expertiseがあるヒトたちだけの中でやるべき」というところに、強く同意ですね。
    最近、毛繕い的な集まりが多くて、ウンザリします。

    返信削除
  2. ウチの業界の「学会」と称する集まりも似たり寄ったりです。

    返信削除
  3. コミュでの御指導ありがとうございました。
    今後とも宜しくお願いします。

    返信削除