2006年9月19日火曜日

It's Facet what Lucas' used to be

今度の土曜9/23はインタークラブレース第3戦。前回は惨めにもDNSを喫したが、今回はせめてちゃんと完走したいところ。
9/23は土曜日なので、最後の休日である今日に全部の準備を済ませたのだが・・・。



準備といっても、時間がないのでガソリンを入れ、オイルやフルードをチェックし、タイアのエアをチェックして終わりの予定。
ところが、ついでにエンジンを掛けてしばらくアイドルさせておくと、いきなりFacet製の電磁ポンプが空打ちをはじめて、やがて沈黙。ポンプを叩いても、燃料タンクのピックアップやポンプのフィルターをバラしても変化なし。ポンプのプレッシャーレギュレーター部分をばらしたが、やっぱり変化なし。結局(何だか分からないけれども)ポンプの故障と判断し、カムシャフトから駆動するメカニカルポンプを急遽取り付けることになってしまった。
もちろんポンプだけでは済まず、ホースを新たに製作。やったことのあるヒトは分かると思うけど、ステンレスメッシュのホースを切ったり、フィッティングを捻じ込む際に、かならずワイアの端っこに刺されて、痛い思いをすることになる。非常に嫌な作業だ。
まあ、レース本番でDNSに終わるよりはマシといいつつ、単なるチェックのはずが、すっかり修理になってしまった。予定も1つキャンセルにする羽目になり、何とも納得の行かない週末最後の1日に。
昔Lucas、今Facet。イギリス製の電気製品はやっぱり信頼がおけない。


4 件のコメント:

  1. 災難でしたね!
    ルーカスの不具合はちゃんと引き継がれているんですね。
    こちらの戦前車では、マグネトーの不安定さに悩まされていますから
    歴史は戦前から脈々と・・・。

    返信削除
  2. 去年仲間と走りに行く当日に燃料ポンプが御臨終。やはり英国製・・・。
    23日は仕事故、遊びに行けませんが御健闘を。

    返信削除
  3. 当日発覚することを考えたら不幸中の幸いですよね!
    僕もエンジンはかけとかなきゃ。

    返信削除
  4. みなさんイギリス製電気製品について同病相哀れむ環境ですね。
    ちなみに僕の小さな夢は、さっさとリタイアして軽井沢にパブを作ること(飲酒運転話を除くと、需要アリと思うのですが)。
    名前はOld Lucas Innとか。何か動かなくなった英車の引取屋みたいだけど。
    もちろんwarm beerが出ます。軽井沢だから、よなよなリアルエールとか。あれは旨いです。都内のパブでもあるとこにはあります。
    あ、脱線しました。9/23のレースは台風が心配です。

    返信削除