2006年10月1日日曜日

Free Hugs (is what we need)

マイミクで大学院恩師(年下だけど・・)のKさんのエントリーから孫引き。
あまりに理想主義的で無邪気な"Free Hugs"を追った映像は、それゆえにグッとくると思う。心の壁が溶けた瞬間のように、画面がB/Wからカラーに変わるシーンがすごくイイ。
Free Hugsがいろいろな地域に広がって、それがまたYouTubeに映像で戻ってくることを期待したいと思う。それは映像という表現方法の勝利だし、人類全体の普遍的価値を、体制や国境などの壁を越えてネット上でつなぐことができるからだ。
これから絶対出るね、天安門広場やベイルート市内でやろうとするヤツ、あるいは政治家やセレブとやろうとするヤツ。
惜しむらくはPVのためか、blogにembedできないことか。
scriptが載ったので追加↓



<以下引用>
Sometimes, a hug is all what we need. Free hugs is a real life controversial story of Juan Mann, A man whos sole mission was to reach out and hug a stranger to brighten up their lives.
In this age of social disconnectivity and lack of human contact, the effects of the Free Hugs campaign became phenomenal.
As this symbol of human hope spread accross the city, police and officials ordered the Free Hugs campaign BANNED. What we then witness is the true spirit of humanity come together in what can only be described as awe inspiring.



アッ、でも00:17あたりでVodafoneの看板の赤が微妙に残ってる;ひょっとしてVodaのグローバルキャンペーンのバイラルじゃないだろうな。


0 件のコメント:

コメントを投稿