2006年10月22日日曜日

[need help]Weber 32DFD

シャシダイに載せて、だいたいのセッティングが出たかに思われた僕のTecno。しかし、先週のHFR/JCCA@筑波では、タイム的にはほとんど改善せず。
今のところ思い当たる原因は2つ。ひとつはエンジン本体が盛大にブローバイを吐いてしまっていて、圧縮漏れが明らかなこと。これはピストンリングが不良品だったと思われるためで、一度エンジンを下ろしてチェック・交換の予定。そしてもうひとつは、依然として決まらないキャブセッティングである。
で、せっかくなのでキャブセッティングについて、みなさんのお知恵を拝借させてください。ご協力お願いします。



現在セッティング上の問題は、5500rpm以上でミクスチャーが濃くなってしまいパワーが出ないこと。どんどん大きなエアジェットを試しているが、それとあわせてエマルジョンチューブ(現在F6)を、上の回転域で補正が入る番手(F66・F50)に変更検討中。
Dsc00021左の写真は問題のキャブ、Weber 32DFDの本体を上からみたところ。このキャブは、ふたつのチョークがシーケンシャルに開くツインステージ式で、向かって上側がプライマリー(先に開く)、下側がセカンダリー(プライマリーがある程度開いたところで、後を追って開く構造。赤丸で囲った2つの小穴が目下の悩み中の補助回路。この縦穴は、ジェットやエマルジョンチューブでメータリングされたガスがI/Vに供給される回路である。今までは何も気にしたことがなかったが、向かって下側=セカンダリー側だけ、写真のとおり金色の円筒形ブッシュが入った状態で走ってきた。
Dsc00029この回路、I/Vを外してみるとどういう構造かわかった。左端の写真がI/V側のガス供給孔のアップで、つまり上下2つのルートがある。ベンチュリ側では、下側(ひし形)からはベンチュリ中心のチョーク側に向いたノズルにフィードされるが、赤丸で囲った小穴の行く先は、ベンチュリの側面に沿って空いた単なる丸穴に向かっているので、WOTに近いときに吸い出される"enrichment"の回路と思われる。
Dsc00028Dsc00024次にキャブ本体側をみてみる。左の写真がプライマリー側である。プライマリー側は上下両方の回路からI/Vにガスが供給されるのがわかる。キャブ上面の写真と食い違ってしまうが、左の写真では金色のブッシュがプライマリー側に挿してあり、ちょうど上側の回路を内側から塞いでいる。つまり"enrichment"回路への供給を断っている。
一方右側の写真がセカンダリー側のアップだが、こちらは上側の孔がブランキングされており、"enrichment"回路へのガスの供給がもともとされていない。この写真では金色のブッシュが挿さっていないが、もともとこちら側に挿さっていても、ブッシュは何の役にも立っていなかったはずだ。
ここまでをまとめると、今までは、プライマリー側では"enrichment"回路への供給がされた状態で走ってきていて、ジェッティングなどあらゆるセッティングの結果として「上で濃い」問題を抱えている。そして今回、ジェットやエマルジョンチューブのセッティング以外に、"enrichment"回路への供給を生かす/殺すことによってもセッティングを変えられるということがわかった。これが「上で濃い」問題の原因になっていないか?と気になり始めた。


以上、長々と書いてしまったが、みなさんに考えていただきたいのは以下の点。
1)この"enrichment"回路は、実際にはどういう効果があるのでしょう?
2)もともとセカンダリー側に挿されていて役立たずだった金色のブッシュを、プライマリー側に移す("enrichment"回路を殺してしまう)とどういう影響が出るでしょう?もっというと、「上で濃い」問題を解決できるでしょうか。
3)上記1)2)にかかわらず、「上で濃い」という問題をどの順(エアジェット、エマルジョンチューブ、金色ブッシュ、それ以外)に追い込んでゆくのがいいでしょうか?
結構タスケテって状況。ぜひサポートお願いします!


3 件のコメント:

  1. あたしがお知らせできるのは「8ポンドでマニュアルが売ってたよ」って事だけですね。
    もう入手済みかな?Dellortoのキャブで目を付けてたサイトなんだけどね。
    ここの、
    http://www.carburettorhospital.co.uk/
    このページ
    http://www.carburettorhospital.co.uk/CHLAUG200200000.htm
    DFDで探すとHitします。

    返信削除
  2.  DCO3のときには助けていただいて有難う御座いました。 ご恩返し出来るといいと思ったのですが、かなり難問です。
     HaynesのWeberマニュアルは既にご覧になってますか? 48ページから解説とイラストがありますが、今回の問題を解決するようなヒントは残念ながら見つかりません。
    また、IVにある2つのホールについても記述がありません。
     まぁ、一般的な用途のキャブレターなので、レース・チューンには向かないのはさておき、制約がある中で次善の策をとるなら、私は
     1)エマルジョン・チューブ変更
     2)フロートレベル変更 ⇔ 適正メインジェット拾い出し
    とするかもしれません。
    キャブの不調は大変ですよね。 http://www.sunfield.ne.jp/~gotajima/Carb.html

    返信削除
  3. >黒8番さん、(o_v_o) さん
    ありがとうございます。
    はい、マニュアルは見せてもらいました。この手のキャブを一絡げに説明してあって、不完全燃焼感アリアリでしたね。
    このenrichment circuitはどうやら生ガスが入ってくるようです。やはりこの回路はブロックして、再セッティングが必要そうです。やれやれ、また●カツ行くのかなぁ・・。
    お二人のほか、直メッセいただきました方々にも感謝。次回は明るい話題で帰ってきますね。

    返信削除