2006年11月15日水曜日

4 days straight at school

この春に大学院を卒業したのに、なぜか週末をはさんで土日月火の夜は4日間連続で学校にいた。
土曜は翌日曜の大学院のイベントで行うプレテのリハ。卒業テーマが生業になり、大学院同期のMさんとコラボした案件を、大学院への恩返しを含めて報告することになったのだ。日曜夕刻に本番を無事行い、懇親会を経てそのまま実家へ。親父の誕生日だったので、Lavenhamのジャケットをプレゼント。
月曜晩は、同大学院で開かれたインフルエンサーマーケティングの公開授業に参加。これまた生業との親和性が高く、次回は一緒に仕事しましょうと話をまとめる。
Dsc00034_1 そして本日は三田で開かれた講演会へ。 Buckminster Fullerイサムノグチの交友を通じて、互いがどのように影響しあったかについて当時を良く知るShoji Sadao氏が講演を行う。Fullerについては、Dymaxion HouseやDymaxion Carぐらいの予備知識しかない状態で臨んでしまったが、自然科学的真理に帰結するシンプルでエレガントな理論と思想は好みとするところなので、もっと勉強したいと思う。こんな僕も、もともとは理系だったので(笑)。平日夜にもかかわらず、なんと講演会場は満席立見で、ダブルネームのバリューやみなさんの知識欲の高さを実感。
この4日間、よく考えてみると実はここしばらくちょっと煮詰まっていたので、外界からの刺激が必要だったのだ。それにしても、クルマ関係ゼロの週末も新鮮で悪くない。



1 件のコメント:

  1. お疲れ様でした!
    煮詰まったときの居場所の確保って、大事だなあ、と最近実感してます。
    そして、今また煮詰まりつつあります(笑)

    返信削除