2007年4月28日土曜日

garages: no afterthought

Garage_3Forbesの記事から。USでも好況を(+Babyboomer退職?)を反映してか、豪奢なガレージ需要が増えているようで、全米住宅産業協会によるとガレージ市場規模は2004年の$2bilから今年は$3bil以上への成長を見込んでいるそう。記事のコメントを引用すると、10-15年前のホームシアターに相当する状態らしい。
写真(クリックすると詳細へ)はNYにある15階建てアパートの駐車場で、自分のフロアまでクルマを上げることができる。クルマのアラームシステムのセキュリティチップ情報をもとに、エレベーターの開閉や自室の入退室まで自動管理だそうだ。



でも、こんなギミックに近い仕組みは、盗難リスクの高い都市部といえども、実用性より自慢ネタ優先に走っていないか(あるいは、倉庫をリノベして転用?)。
ポスターやグッズが溢れる「雑貨ガレージライフ」を含め、メディア露出を狙ったかのような"conspicuous"さと、自慢ネタとして語りやすい"メタデータ受け"性が、ここしばらくの富裕層サービスの特徴だと思う。


longest fleet ever (stretched too thin)

Dsc00168オフィスの近くで目撃したストレッチリモ2台。向かいはネットバブル期にIT系セレブ(笑)が跳梁跋扈したクラブ。祇園精舎のカネの音 諸行無常の響きあり。ゴ~ン(・・といえば、コミットメントは1年先送り)。



2007年4月22日日曜日

valve crash

来週のレース(4月29日30日(tks:ERさん)/ミニデー@筑波)に向けて準備中の、僕のTecno。バルタイを変更してもらったこともあり、再度シャシダイ上のセッティングへ。
Dsc00156本日最後のセッティングのつもりで、エアジェットをひと回り薄くしてトライした5本目のこと・・・6200rpmに達したところで、いきなり「ポンッ」という音とともに青い煙が小さく出て、あわててキルスイッチで止める。再始動を試みるが、もう掛からない。 プラグを外すと、2番だけガイシがグシャグシャに。何かまずそう(2番だけだといいけど・・)。
カムカバーを外してみると2番のロッカーアームのクリアランスが異常に広いが、バルブステムは全てついているし、スターターを回せば、ロッカーは動く。しょうがないのでとりあえずそのままフタして家に持って帰り、各方面に来週のレースのリタイアを宣言。



Dsc00161Dsc00163Dsc00165


そのまま放っておこうと思いつつ、気になるので家でヘッドをはぐると、アラアラそれはもう大変なことに。全気筒のExバルブがクラッシュしていて、各シリンダー内はアルミ箔のようなバルブ片だらけ。2番シリンダーのピストンに至っては、バルブの傘がクビチョンパして刺さっている。コリャもうダメだ。
腰下を開けてみないと原因がわからないが、4気筒揃ってクラッシュしているということは、クランクとカムの位相が狂ってしまったように思われる。
まあ、ここしばらく良くないことが身の周りに多く、神様がレースを休めといってくれたものと受け止めるしかないだろう。しばらくは、おとなしくしてます。


2007年4月16日月曜日

fine, fine with me though

Fineいただきました!青キップ。26km/hオーバーでございまして、金18千円也。あと5ヶ月でゴールド2回目更新のところ、12年ぶりの違反。あーあ。



Dsc00153


羽田にヒトを送りに行った帰りのこと、環8に向かうトンネル内でちょっと引張り気味に3速に入れた瞬間、ミラー内に白バイの赤色灯点灯。ブレーキを踏んでも間に合うはずはなく、撃墜完了(←は撃墜5分前の図)。
12年も違反していないと意外に隙ができているもので、語弊はあるけれどもこれぐらいの違反ですめば最高の抑止力になると実感。そのことを白バイ隊員に話すと「そういっていただけると、こちらも・・・・」と白バイ冥利に尽きたようだ(笑
4000rpmから吠え付くようなV6のセンターマフラーレスの音を楽しんできたが、しばらくは抑え目になりそうです。リアウィングのせいで、視界が悪いので、いまひとつ"背後"の風景に自信が持てないのも一因ですが。