2007年7月22日日曜日

joined boot-Campy

Dsc00281ここしばらく自転車屋風情の僕の部屋。
ニュースを観てる合間などに、高校時代に使っていたパーツをしこしこ磨いて使えるようにしている。写真のCampagnoloのWレバーもそう。NOSにお金出しても2000円しないぐらいだが、僕の青春の汗(謎)が染みて思い出深いものなのだ。だいたい昨今はSTI使うのが一般なのに、こんなもの使いたがるのは、日常にGiulia GT使うようなもんで、頭が旧い証拠だろうな。



Dsc00280さらにイタリアからSuper Recordのディレーラーが相次いで到着。僕はコレクターじゃないから、箱付きのNOSなどを使ってvirgin killerするのはイヤで、比較的安めで実用可能(そう)なやつをeBayで落としている。両方とも、バラして掃除して給脂すれば、新品同様の動作が可能なコンディション。
旧いCampyは直せばずっと使えそうなので、最終的には地球とお財布に優しいはずだ。



5 件のコメント:

  1. > 旧いCampyは直せばずっと使えそうなので、最終的には地球とお財布に優しいはずだ。
    こういうのが本当のECOの一つですね。 
    どんなにグリーンだという製品でも、短命なものは、そりゃプロパガンダに過ぎないと思うのでありますが。
    良いクオリティーにはいろいろ手間がかかりますね。

    返信削除
  2. うーん、どんなものにも、正当化の方法があるということですねぇ。
    新品は高くて、中古は安いというシンプルな経済合理性を貫いてしまうと、一生新車を買うことはないだろうな(泣

    返信削除
  3. まぁ、相対的にエコであることを、過大にエコであるように吹聴するのが良くないんけどね。 それそのものがエコなのではなく、エコに勤めているという程度だ ということかな。
    安い中古車にはそれを維持する叡智が要求されます。 お勉強と経験が必要ですが、そこを省略してしまうと 経済的損失が大きくなる ということですね。

    返信削除
  4. >相対的にエコ
    そうですねぇ。海外から飛行機で部品飛ばして、挙句の果ては人力で漕いだあとにシャワー浴びてアルコール消費すると、どっちがlifecycle消費が小さいのか悩んでしまいます。
    >経済的損失
    ハイ、常習犯です。期間損益よりも、その瞬間のキャッシュフローを重視した経営を行ってます(あ、これも正当化です)。配当はおろか、利益が上がったこともありませんが(泣

    返信削除
  5. > 漕いだあとにシャワー浴びてアルコール消費する
    ははは、まぁね、その他の楽しみと云う精神的健康増進かな。 送迎バスでフィットネス通ってるのよりは随分前向きと思うんだけど。

    返信削除