2007年7月16日月曜日

ready

Dsc00262新しいエンジンを載せて、豪雨の中持って帰ってきた僕のTecno。心配された台風4号も東に抜けて、明日(7/16)のJCCA@筑波でのシェイクダウンの準備が整った。
レース本番をシェイクダウンに使うなんていう贅沢は生涯初めてだ。ドラミで「ナラシ宣言」するしかないな。みなさんよろしくお願いします。



Dsc00265Dsc00266ところで、前回バルブクラッシュした相手のピストンは、わが家の「懺悔の碑」に奉納。
裏返せば、ピストントップを貫通して、あとちょっとでコンロッドの上部に接触するまでに。幸いコンロッドに傷がない=当たっていないようで一安心。


6 件のコメント:

  1. 準備&運搬、おつかれさまです。
    状況的には、むしろウエットの方が良かったのかも知れませんが
    Lts54 さん共々、明日はグッと我慢の子ですっ。

    返信削除
  2. >O2 Cafeさん
    今日はおつかれさまでした。サポートいただいたおかげで、無事シェイクダウン終了です。
    何か、今回は大丈夫そうというのがわれわれの感触です。なんか、祈りに近いところもあるけど。

    返信削除
  3. 今回はポストからの観戦という機会に恵まれ、2位グループのバトルを堪能しました~

    返信削除
  4. >2位グループのバトル
    観ていても、乗っていても面白かったらしいですね。
    こっちは慣らしつづきで、速く走ることを忘れてしまいそうです。

    返信削除
  5. テクノに関しては、カーマガジンの2007年7月号のクレイ・レガッツォーニの特集記事でかなり語られてますね。レガッツォーニは、テクノのワークスドライバーとしてレースに参戦していたんですね。この記事では、彼が、赤いホンダS600に乗ってレースをしている写真がとても面白かった。このS600もレースオプションの5速ミッションが積んであったんだろうか?何て想像していまいます。

    返信削除
  6. >燃費男さん
    そうですね、レガッツォーニは68年からTecnoワークスに所属して、1年のブランク後(Dinoがモノにならず出戻り)1970年にTecnoに初のF2タイトルを1970年にもたらした功労者です。
    彼がS6に乗った事実は、あの記事で初めて知りました。その後NSXのCFに出演したのは、これが遠因でしょうか。

    返信削除