2007年8月12日日曜日

Barn find in Portugal

<以下本文抄訳>
NYに住んでいた男が、退職金の堅実な使い道を熟考した末に、人生最後の家をポルトガルで買った。15年間空家の質素な農園で、相続する者もなく国庫に物納されたものだった。下見に数名が来たものの、大きな納屋の内部を確かめる者はなかった。なぜなら鉄の扉が溶接されて開かないからで、余計なお金を払ってまでそうする気も起こらなかったというわけだ。とにかくは、そんな風にしょぼい不動産だったから、買い手がつかないままだった。



そういうわけで、半額でこのNYの男がここを手に入れると、移ってくるなり納屋を開けることにした。どうにも、好奇心には抗せなかったというわけだ。発電機と夫婦二人分のグラインダーを買ってきて、扉の溶接を削り落とすと・・・・・・
>>>写真はコチラ>>>



>>>SCMが抜粋したリストはコチラ(pdf)



14 件のコメント:

  1. うわぁースゴい、こういう話良いですねぇ。
    まだまだあるといいなぁ、開かずの納屋。
    1931 Chrysler と Peugeot 202 に一票(二票?)。
    フォーミュラが何か気になります・・・。

    返信削除
  2. >O2Cafeさん
    フォーミュラはFVee(奥)とLotus22?あたりに無理やり羽根つけたやつに見えますね。
    http://www.intuh.net/barnfinds/afa83.htm

    返信削除
  3. Balilla と Alfa 1900 が気になりますねぇ。 ZA/ZB なのでしょうが、 MG Magnette の文字に食いついたのは内緒 (^^)
    昔、Car Magazine か Tipo でこれの日本版みたいなのを見たコトが有りましたが、アレはど〜なったンでしょうねぇ。

    返信削除
  4. すごいですね。15年前でも貴重なクルマばかりですね。クルマ好きの方でしたら定年後にすることが見つかりよかったですね。

    返信削除
  5. ブリストル404が欲しすぎます・・・嗚呼。356AT2のクーペもいいなぁ。
    ��CLOTさん
    その論法でいけばMidgetにもぴきーんとなりますね。
    あとそいつはもしかして僕の記事のやつですか?埼玉の。

    返信削除
  6. ��ua2さん
    確かに Midget にも当てはまりますね。
    例の記事は ua2 さんが書かれていたのですか。 すみません、写真に見とれてしまい記事を書かれた方の名前を確認していませんでした。
    更に無いおつむを捻り絞っていたら、20年以上前にフランスあたりで旧いクルマが大量に発見され、その中の1台の Alfa Romeo がレストアされて レトロモビルに展示されたコトが有りましたねぇ。手放したがらない頑固なクルマの持ち主を説得して直したとか。 こういう話は時々出てきて面白いですね。
    どっかでT13 が大量に発掘されないかなぁ?

    返信削除
  7. >CLOTさん
    4気筒以下しか興味がないのがわかりました(笑)。
    >> T13 が大量に発掘
    ウン十年後のG県旧H村地区でしょ、それは。
    >lotus49fordさん
    こちらでははじめまして。そう、定年後にやることがありすぎて、過労死できると思います。もし興味がなかったとしても、これをもって人生を誤ったら、かなり可笑しいですね。もともとの意図の投資リターンは、よかったはずです。
    >ua2さん
    やっぱり老成した趣味だなぁ。僕はCarMagの記事見た気がする。Fulvia Zagatoのやつでは?
    国産だって、本当はこういうのあってもいいはずだけど、雑誌で見るのは解体屋や道中行き倒れ系ばかりですね。

    返信削除
  8. ��CLOTさん
    CarMagに軽い気持ちでネタ提供したら、両方とも問い合わせのFaxと電話が矢のように来て往生しましたよ。(--;
    フルヴィアはモノとしてはそんなに珍しくはないですよね。でも反響があるのはやはり、ボロをそのまま撮った写真のインパクトでしょうか。これは結局オーナーがそのまま持ち続けてます。大宮におられる37Aのオーナーです。
    ��つ目の記事のときのは、プリンスが乗ってたプリンスのセダン(やんごとなきナンバー付)とか、アルフェッタ伊藤忠モノの新車・ブックや付属品まで揃いとか、オースティンセブンの日本製ボディのやつとか、もろもろ20台ばかしありました。38年くらいのフィアット1100もあったですね。
    もう終わった話なのでゲロっちゃいますと、あれはお金なんかどうでもいいからそのかわり全部をまとめて引き取ってっちゃってという話でした。
    ちゃんとお金を払って買い取る方向で話を進めました。が、置き場所の確保はたいへん。でもなんとかなりそう。タイミング悪く、その辺りを決める前に海外に一週間出張に行って来なきゃなりませんでした。
    帰国後・・・電話したらなんと車はほとんどを(二束三文で)処分してしまったとか言うでは無いですか!何ソレ?もちろんオーナーの意向に僕は口を挟む立場にないですが、理由はこのようなことで。
    車を持っていらしたのが、無くなったご主人から受け継いだ奥さんと娘さん。僕は娘さんにツテがあって、そこから奥さんともお話を進めてたのですが、初めて会った奥さんからみると僕はあまりに若すぎて、頼り無さそうで、20台の不動車を引き取れるのか?と心配になったと。そしてたまたま近所の普通の車屋さんに話をしちゃったと。(くっ、この百戦錬磨を捕まえて・・・。)
    と、そういう残念な結果に終わったのです。僕の人生こんなのばっかです。
    アルフェッタなんか欲しかったけど、どうせ買っても勿体無さすぎて乗れなかったでしょうから、別にいいかな!(涙目で)
    長文失礼しました。

    返信削除
  9. ��やっぱり老成した趣味だなぁ。
    じじぃですか、そうですか。(^^)
    ブリストル404はある時期僕の偶像でした。前に勤めてた会社に入るときの試験みたいなものとして、自分の好きな車のことを読んだ人が欲しいと思わせるような文を書けというのがあって、それにはこの車を選びました。
    その後も404は日本には入っていません。願わくば、自分が最初のオーナーになりたいな・・・。

    返信削除
  10. 「旧線」の入社試験?で404の名文さえ残さなければ、ua2さんはもっと堅気な仕事につけたはずなのに(涙
    404って日本にないんだ。てっきりkanさんのがそうだと思ってました。40xシリーズの見分けがつきませんで。

    返信削除
  11. ��pさん
    ギクゥ! いやいや、8気筒とかも好きですよ。 でも、自分でどうこうするのならば4気筒がベターかと。  
    ��ua2さん
    折角のお話がこんなカタチで終わってしまっていたとは残念です。 しかしあなたのカラダを叩くとこういう話がドンドン出てきそうですね。 今度お会いする際には布団叩きでも持参します。

    返信削除
  12. はじめまして、クラブ員の張ったリンクからきました。
    この封印されたお宝、圧巻ですね。私ならアッピアに1票です。
    モールトンの初期型など混じってなかったのですかね、気になります。

    返信削除
  13. >エスロクレーサーさん
    はじめまして。Webサイト拝見しましたが、有名なS6ですね。コドモのころからよく筑波で見てましたよ。アッピアは直すの大変そうですが(大変そうなのを友人が持ってるんで)、素敵ですよね。
    #それにしてもここにリンク先を貼った奇特な方って、どなただろう・・

    返信削除
  14. 大御所の役者が若手俳優に「子供の頃からファンでした」と言われて見せる複雑な思いがありますがとてもうれしいです。
    わがホンダツインカムクラブには勉強熱心な若手が数多くいましてそのひとりからの紹介でした。

    返信削除