2007年8月27日月曜日

racing may ruin your career - like Christopher Cross

急に思い出してChristopher Crossの旧いPVを探したら、やっぱりあった。その昔、土曜の晩のベストヒットUSA(涙)で見た記憶があったのだ。



しっかし、当時の記憶通りに、PVも楽曲も駄作だなぁ。スロー&メロウ(笑)が持ち味のAOR系のChrisには、無理している感アリアリ。安手の自動車番組みたいな映像も、突っ込みどころ満載。2台だけしか走ってないのに観客が盛り上がるというお寒い設定、Cosworth BDDなのにスパイ針が10,400rpmで止まってる(ってことは壊しちゃったのね)などなど。


彼はこのころ相当レースに入れ込んでいたらしく、実際にこのPVに出ているFormula Atlanticあたり(多分SCCA Regionalレベル)で走っていたらしい。恐らくは頭の中の半分以上はレースのことだったのではないか。その結果がこのPVで、この曲だ。ちなみにこの曲を収めた1985年のアルバム"Every Turn of the World"(ジャケットはもちろんRalt駆る彼の写真)は全米チャート40位にさえ入れないほどの失敗作に終わり、以降トップチャートには登場していない。
・・・レースに入れ込むのもほどほどに。自戒をこめて、敢えてこのPVをここに紹介しておきます。


ただ撮影場所のWillowSprings(LAから200kmぐらい東)は以前から走ってみたいところだし、本当はちょっとだけ楽しませてもらった(余談ながら、以前持っていたGiulia GTVのホームコースがここで、砂漠系の小石がたくさんグリル裏から出てきたっけ)。アマチュアレースっぽい風情は親密感があっていいもんだ。このRT4あたりは僕らでも乗れるし。


2 件のコメント:

  1. 画像も楽曲も十分楽しませてもらいました。
    レース好きの思いがそこかしこに溢れほほえましい出来ではありませんか。
    少なくとも「ドリブン」や「デイズオブサンダー」などより数段上、排気管のアップなどは名作「グランプリ」のオマージュもあったりして。
    それにしてもこの砂漠のコースはすごいですね、コースアウトしたらガラガラヘビの餌食にならないのか心配です。

    返信削除
  2. ��エスロクレーサーさん
    コメントありがとうございます。
    >「ドリブン」や「デイズオブサンダー」
    ハリウッド系がダメダメなのはわかりきってるので、見たことないんですよ。ハマーしか乗れなさそうなスタローンを選ぶキャスティングで、既に×です。
    >排気管のアップ
    そうですね。以降のレースムービーはみんなオープニングで排気管がアップになって、ブリッピングしながら黒煙とアフターファイアが交互するシーンですね。栄光のルマンもしかり(というかほぼパクり)。
    Willowはランオフが広いので、思い切り踏めるのがいいらしいです。僕の聞く限り、ヘビで怪我したヒトはいないようなので、ご安心ください!

    返信削除