2007年10月21日日曜日

recent updates(Oct/2007)

10月から担当部署が増えて時間がなくなり、blogの更新をすっかりさぼっていたが、とりあえずレース関連の近況報告を。



LSCRの走行会にてTecnoの新エンジンの慣らしがほぼ完了・・・のはずが、最後の1hぐらいでタコメーターが動かなくなり、レブリミットに当てることなく終了。当初はメーターケーブルを疑って急遽手配してもらったが、その後エンジンを掛けてもタコメータードライブが動かないことが判明。
Dsc00452 しかたなく翌日のJCCA@筑波は、カートからデジタルメーターを引き剥がして急遽装着することに。これは2ストエンジン用で、プラグリードからピックアップするタイプのため、4ストだと1/2の回転数で表示されること(実はレース当日の朝にわかりました・・・)。
で、レース本番はどうだったかというと、7年落ちのタイア+セッティングがまだまだなのでベストから8秒落ちのまま。タコメーターは、ちょっと遅れて数字が表示されるし、アナログメーターのように上昇速度がわからないので、どこで足を離せばよいのかタイミングが取りづらく、ついつい右足が日和ってしまう。



Dsc00450 Dsc00453 Dsc00459



そして今週末は、安タンとバルクヘッドを引き剥がして、タコメータードライブが動かない原因を探す。
するとこれまたビックリ。カムのスプロケットに共締めする、タコドライブのアダプターの凸部がクビチョンパしてノッペラボーに(写真中)。この部品、本来は右写真のフランジ状の部品のように、キー溝が入った円筒形であるべきものだ(右隣はタコメータードライブで、ペグがキー溝にはまる構造)。破片はどこ行っちゃったんだろう。
ちょっと信じがたい壊れ方だが、Mさんの白LTS51でも同じことがあった由。この部品は、タイミングカバーを外さないと交換できないので、とりあえず次週のネコ@もてぎはこのままデジタルメーター使用が決定。どうやら、こんなしょぼい部品のせいで、冬の間に一度エンジンを下ろさなければならないようです。実にバッカバカしいなぁ・・・(泣





そんな中、ちょっといい?ニュース。
弊社に10月から中途入社してきたK君。ラテン系のクルマ好きと風の噂に聞いて話しを聞くとと、75 Milano(V6)のMTコンバージョンに乗ってるそう。お互いバカだねぇってことで、新しい環境で不安そうだった彼も破顔一笑。時にAlfaは身を助く、かもしれない。


4 件のコメント:

  1. まさに類友ですね。
    それにしても今度はタコとは・・
    当方も今年は不運続きで茂木もギャラリー決定です。トホホ・・

    返信削除
  2. >ERさん
    ホント、お互いいろいろつまづいてますね。当方、もてぎに参加できるだけでも感謝せねば。
    ERさんも、この際怪しげなパーツがないかチェックしてもらったほうがいいかも。英国製(米国製)はARほど丈夫じゃなさそうです。

    返信削除
  3. コメント遅くなりましたー!すいません。
    いろいろありがとうございます。
    先日偶然にES30と信号待ちで一緒でした。自然に出る挨拶に
    ほっこりしてました。
    いつか見せてくださいね、いつか遊びに行きます(え?こなくていい?笑)

    返信削除
  4. >v6milanoさん
    大阪100%になる前に、あと1泊だけ延ばして休日においでよ。

    返信削除