2008年1月2日水曜日

あけまして・・

あけまして、開けました、ヒューランド。
正月早々こんなことやってましたが、せっかくなのでHewland Mkシリーズのメンテについて。



●分解編
Dsc00492Hewlandのプレートが貼られているリアカバーを外し、ベアリングキャリアを露出させる(写真)。
シフトフォークを操作するセレクターフィンガー(写真右下)を抜き、(セレクターフィンガーの上に並んだ)フォークのうち左側(リバース)と右側(3/4速)を同時にエンゲージさせてロックアップさせる。これは、レイシャフト(下)とピニオンシャフトのキャッスルナットを緩めるため。レイシャフトのナットは外さずに残しておく。
なおスタッドは間違ってもブレーカーバーなどで引っ掛けて曲げないこと。細くて粘りが全くないので、簡単に折れます。ケース内に折れたスタッドが残るとオオゴトです(一度やってしまいました・・)。



Dsc00486 ベアリングキャリアのロックナット(こちらはメトリック・・・VWケースなんで)を全て外して、ベアリングケースとギア一式をごっそり後ろに引き抜く。
ピニオンシャフト側の一連の部品は、引き抜いた際に串刺しの串が抜けてしまうので、代わりに後ろから25mm径のパイプを挿しながら抜いてゆく(写真では前から挿しなおしている)。専用ツールも販売されているが、こんなものは手製で十分。部品の順番や組み方を間違えないようにしながら、各部品を清浄・チェック(あるいはレシオチェンジ)を行う。


●部品交換編(今回はドッグリング)
Dsc00487Dsc00488USでプロがOHした状態から7シーズン目なので、せめて1/2速のドッグリングぐらい交換してやろうというのが、そもそも今回分解した目的。
でも新旧を比べると、ドッグ山やディスクの厚みはほとんど変わらず。筑波のヘアピンで1速をいつも使っていたことを考えると、まあまあなシフトが出来ているようだ、と自画自賛しておこうか。
なおHewlandとWebsterはほとんどの部品に互換性があり、今回は安価なWebsterのドグを採用。潤滑を考慮してか、偏心したグルーブがディスクに切ってあるのがHewlandとの唯一の相違点のようだ。


●組み立て編
Dsc00491Dsc00485元通りに組み立てるのみ、といってしまえばそれまでだが、いくつかのポイントがある。
まず、ピニオンシャフト代わりのパイプを後ろから挿して、ギアを正しく組み付けておく。一方、ガランドウのメインケースもキレイにしておき、両側の当たり面にHylomar blueを指で塗りつけて、いよいよドッキング。
ピニオンシャフト代わりのパイプが押し出されるようにピニオンシャフトにギアを挿しこんでゆく。その際スプラインに通るように、レイシャフトのナットを回しながらスウィートスポットを探す。
そして最後の3センチが勝負。今度はレイシャフトのスプラインを、メインケース奥のインプット側に挿すため。ここは「入ってぇー」とお願いしながら、レイシャフトをちょっとずつ回して、ベアリングケースを手で軽く叩く・・・と願いが通じるはずだ(余談ながら、某O久保さんのような名メカも同じことをおっしゃっていた。もっとも彼らは、一刻を争うような戦場での話だろうけど)。


ベアリングケースのロックナットを組み付けたら、またロックアップさせて、レイシャフトは70lbs/ft、ピニオンシャフトは120lbs/ft(逆ネジです)で締め付け。
あとは、またHylomarを塗ったリアカバーを締めて、乾いたところで(LSDなしの場合)75W-90 GL5レベルのオイルを1Lほどトップカバーから入れる。
*余談ながらHewland MkはVWビートルのケースを上下逆に使っているので、ドレーンをフィラーに使っており、Mkとしてのドレーンをもっていない・・ので抜くにはバラすしかない。


以上、お付き合いおつかれさまでしたsun
慣れると45分作業らしいですが、僕は未だ2時間作業です。


#キャッスルナットの割りピンが外れなくて大変だったんですよ・・。


6 件のコメント:

  1. 早速のHewland参拝、頭が下がります。
    私も怠けず、Zenithを詣でなくては。
    本年も宜しくお願い致します。(またまた乗り遅れ、失礼致します)

    返信削除
  2. おめでとうございます。
    いやーヒストリックカーエンスージアストの鑑のようなお正月頭が下がります。
    ヒューランドと言えば昔富士で乗ったスズキの(確か隼と名づけられた)オートバイエンジン付きのフォーミュラについておりそのこ気味よいシフトフィーリングが忘れられません。
    今年もよろしく。

    返信削除
  3. ここまでできると楽しいでしょうねえ。
    今年は復活しますのでよろしく!!

    返信削除
  4. >コメントいただいたみなさま、ありがとうございます。
    あけましておめでとうございます、の方もいらっしゃいますね。改めまして、本年もよろしくお願いいたします。
    何で正月からHewlandかっていうと、単に今日は1日中仕事が入っていて、それまでにヘッドOH含めて終わらせておくためでした[E:sweat01]
    しないで済めばそれに越したことないのは、仕事もHewland整備も同じです。

    返信削除
  5. ドックリンクまだ大丈夫ではないですか!?
    そっとしまって新しい方はスペアーに取っておいた方がよいのでは??(笑)
    私も予選でガリッた時は必ず開けて見てもらいます。
    ギヤ交換45分、DFV交換2,5時間ですね。
    自分ではやりませんが、、(笑)

    返信削除
  6. >JNさん
    ええ、だいぶ迷った末に(せっかく開けた意味がなくなってしまうので)ドッグリングは交換しましたが、旧い方もスペアとして大切にしまってあります。
    イギリス人だったら、"used but in excellent condition"とかいうコピーで売りに出しそうです(笑)
    それにしても、やっぱりTeamLotusのような本職の作業は早いんですねぇ。DFVの積み替えっていっても、積み替えるスペアがあってはじめて作業できるわけで、いやはやすごい世界です。

    返信削除