2008年1月27日日曜日

piloti, che gente...

Dsc00513 ふと1年に1回ぐらい思い返すのは"piloti, che gente..."(Enzo Ferrari著、1983年)。
おそらくは、口述筆記によるものだろう。数回リプリントされたが、僕のは1984年の英語版初版のようだ。





この本は、Enzoがコース上で戦った、あるいは彼のチームの騎士として戦ったレーサーたちについて記した、彼の1人称による回想録である。
時に同志、時に父親のような語り口で、レーサーたち(piloti)を人間(gente)として回想しながら、Enzo自身もまた、序章に記した問いの答えを見つけようとしているようだ。
その問いとは、いったいレーサーとはどんな生き物なのかということである。
彼らは普通の人間でありながら、旺盛な競争心をしてリスクを許容するばかりか楽しんでしまうのが、他の人々と異なる点だという。そして終章で"racer(s) are some
people...(piloti, che gente...)"と記し、多分人生の意味がリスクや競争そのものなのだろうと結んでいる。





Dsc00516
この本が出版された1983年は、Gilles Villeneuveが亡くなってから間もなくのこと。彼については、Nuvolariに次いで多くページが割かれており、彼を失った喪失感がこの回顧録の原動力であることが窺い知れる。
Gillesが"natural"な戦士であると直感した、Enzoの見立てが外れていなかったことを滔々と語りながら、その悼みを鎮めるかのようだ。


Dsc00514もちろんAlfonso de Portagoについても記されている。
彼に関してEnzoがずっと忘れないのは、いつもくたびれた革ジャンに無精髭姿の雑然とした身なりだったにもかかわらず、そこからでも紳士然としたイメージがそこはかとなく感じられたことだそう。
そんな彼への憧れがあって、僕は(臆面もなく)彼の名前をメアドやハンドルに使っているが、もちろん現実は遠い。


最近のF1ドライバーには"real man"がいないといわれて久しいけれども、天国のEnzoはそんな彼らを何と語るのだろう。


5 件のコメント:

  1. 白猫#352008年1月29日 22:00

    ジルはエンツォにとって、長く求めていたヌヴォラーリの再来だったようですね。
    それだけに彼の落胆ははかりしれないものだったのでしょう。
    そういえばこの本、先日リプリント版を見たような・・
    買っておけばよかったな。
    de portagoの伊達男ぶりは多少耳にしたことがありますが、
    やはり往時のドライバー達は人間くささがあふれていたように感じますね。
    僕にとってのヒーローはタッツィオですが、やはり現実ははるか遠いですねぇ。
    最近のドライバーがrial manでないのはF1に限らないようです。
    国内のレース現場ではrialどころかただのmanですらないような人がいるという
    話も聞いたりします・・・・

    返信削除
  2. >旺盛な競争心をしてリスクを許容するばかりか楽しんでしまう
    タータンチェック模様をヘルメットにあしらった方のあたりから、モータースポーツ派とモータービジネス派に別れ始めたと見るのは穿った考えかしら?
    人間臭さを排してサイボーグの如くならないと、今のレーサーはダメなのかもしれません。
    独逸の皇帝は確かに素晴らしい戦績を残しましたが、でも自分は皇帝に王者回数を抜かれたけれども50年代の勝率47%の男の方に惹かれてしまう。 35年のドイツGPにTipo Bで勝利した男にも惹かれてしまう。 酔っぱらっているので支離滅裂な文章になってしまった。失礼しました。

    返信削除
  3. >白猫#35さん
    第四版は四谷のイタ雑で8.6万円ですね。信じられない。http://www.italiazakka.co.jp/shop/02_15_A4A213-0-ja.html
    先月号のNAVIの記事のPatreseのインタビューでは、彼は今のF1ドライバーを「まるで女の子」と酷評してます。何があっても、ヒトのせい、モノのせいなど言い訳しすぎだから。国内でもギャルドライバーががんばってるようですが、このまま行くとみなさんどんだけぇ~なヒトたちになってしまうのでしょうか。
    >CLOTさん
    昔の力士と同じで、活躍の場は少なかったけど、それだけに印象深い戦績ってありますよね。これは過去の出来事の脳内美化作用によるのかどうなのか。いま現在起こっていることが数年たって、どういう風に感じられるか、歴史に委ねてみましょうか。

    返信削除
  4. ちょっと次元は違いますが昔黒い稲妻と呼ばれた切れたドライバーがいました。
    今度復活なったマーチ742BMWにネコのタイムマシンフェスで乗るそうです、どんな姿を見せてくれるやら。
    同郷のよしみで応援したものです、そのジェームス・ディーンのような儚さを。

    返信削除
  5. >エスロクレーサーさん
    スクープをありがとうございます。某事件以降、はじめてのドライブではないでしょうか。JAXカラーのスポーツカーでも見てみたいですね(あとはBT44?)。あと英国時代に乗ったGRDも。日本に同型のが一台ありますが。

    返信削除