2008年1月7日月曜日

SZ #118 FS

USでGiulietta SZ(#118)が売りに出ている。price tagは26万ドルだそうで。
こちらの固体、日本に初めて届いた1台で、国内をその後転々とした後、3ヶ月ほど前に別のUSの店が25万ドルあたりでofferしたらまもなく売れて、すぐまた売りに出た。キレイに直すのが結構大変で、新オーナー(か業者)が諦めたのではないかと推測している。



Dsc00493僕にとっては意外なことだけれども、初対面でいきなりSZの値段を訊かれることがある。そういうことはご自分でお調べになる方がよいと思う。手放さない限りrealizeしないものを、持ち主に訊かれてもたいがい困るものだし、例えばイギリスみたいな国では結構嫌われることだ(写真は
昨日参加した新年会で並んだCountach LP5000とのタイア比べ。155 vs 345!)。



新年会の場所に偶然現れた匠さんのブログに、そのレポートが。
確かに、知らずに来たら何だこりゃって思うでしょうねぇ。


7 件のコメント:

  1. 昨日は参加してくれ、ありがとう!あまり話せなくてごめんなさい。
    僕はこの写真を撮ってる姿を写してたわけですね、意図がようやく飲み込めた(笑)

    返信削除
  2. なんだかバブルの頃の値段に戻ってしまいましたねえ。手の届かないところへ・・[E:wobbly]

    返信削除
  3. Gordon2008年1月7日 3:29

    驚くべき価格ですね~
    ボクが手に入れた時には・・・・・・・・・
    手放さなければ良かった(笑)

    返信削除
  4. 年季の入った貫禄SZ拝見しました。
    もっと時間が早ければいろんな怪物にお目にかかれたようですね。
    またの機会お知らせ下さい、恐い物見たさで伺います。

    返信削除
  5. こんにちは、
    外苑ミーティング大盛況だったようですね。なんといっても天気がいいのが羨ましいです。
    SZに限らず、最近のクラシックカーバブルはいつになれば納まってくれるのでしょうか。
    投資される方も理解できなくはないけど、私は純粋に楽しみたいですね。

    返信削除
  6. こんにちは。
    先日は、寒い中どうもありがとうございました。
    “初対面でいきなりSZの値段を訊かれる”
    深い話しです。
    僕自身も、よく同じ様な場面に遭遇します。
    デリカシーが無いなと思いながらも、僕は正直に買った値段を答えています。
    たまに、とんでもない値段を答えている場合もあります。。。
    車を売って利益を得ようと思わないのと、売る気がないので問題無いのですが。
    しかし、以前車を手放して、買ったときの値段よりも高く売れた時など、ちょっと嬉しい気分の自分もいたりしますし、欲しい車があるとその車の値段が、非常に気になる自分もいます。
    気分を悪くされる方も多いと思いますので、初対面ではやめていただきたいですよネ。

    返信削除
  7. みなさまコメントありがとうございます。
    >おやじさん
    こちらこそ失礼しました。Countachのリアタイアが2倍以上の太さっていうのは、やはりワラってしまいました。F2じゃないんだから。
    >ERさん
    バブルのときより高いみたいです。中東のヒト?気楽に乗れなくなるのでヤメてもらいたいですね。
    >Gordonさん
    桁が変わったなんてもんじゃないでしょ・・。
    >エスロクレーサーさん
    ええ、ぜひ次回はElanでぜひ。この会(マツバ)はアメーバのようにヒトを巻き込んでいきますから、もう逃れられませんよ。次回はTakさんも。
    >marqueさん
    純粋さについて訝しく思うのは僕も同じです。来年はMistralでぜひ!
    >SJr.ZAGATOさん
    ヒトの家に遊びにきて、このウチいくらって訊くのと僕は同じだと思うんですよね。気にはなりますが。
    ウチのSZの場合、25年前の値段を言っても・・ですし、DB4GTZの半分だったんで・・・じゃウン億円だし(笑)・・・ええとそっちの件、、ただひとこと、返す返すも残念です(号泣)

    返信削除