2009年3月23日月曜日

Tecno FB updates(6)

Dsc00860
Dsc00859

連休中は、若干目に見える進捗がいくつか。

まず、いつも作り物をお願いしているカタノさんのところから、完成の報。
リアのクロスメンバーにブラケットを新設してもらい、ロールフープのサポートバーが固定できるように(左写真)。

また、リアのサスペンションアームとエンジンマウント修正も完了(右写真)。




Dsc00854で、取り付けてみたところ、ブロック右前のオイルポンプがフレームと干渉するため、ボディを削ってみました。


Dsc00852
が、さらにあと10mmぐらい右側に寄せる必要がありました。


・・ということで、フレーム側に潰しを入れる必要があります。
こういうときにはどうしたらよいのでしょう?
今は、潰したい形状の型をアルミの塊か何かで作って、小さめの万力で挟むことを考えてます。
どなたかアドバイスを!あるいはもっとよい道具お持ちでしたらお貸しを!



Dsc00863_2 このあとは、サスペンションアームを全部外してメッキに出すなど、ますますバラバラになって行く予定です。

そんなわけでアッパーカウルもエアキャップで包んで立て掛けの刑に。


そのほか、Hewlandを都筑某所に預けて、C&P交換とLSD装着やらを依頼。イギリスから、Mk5の1/2速をもうちょっとしたら送るという連絡も。その間にUSDは乱高下。




これからの道程の長さを考えると、ふと全部投げ出したくなるような気持ちを、今はワインで抑えております。


ではまたwine


4 件のコメント:

  1. エンジンマウント・・・凝ってますね。
    ブッシュは何ですか?
    HEWLAND吊用クロスメンバーと似てますが??
    フレームは潰さないほうが良いと思います。
    万力などの外力で潰すと、応力が溜まっていますから
    次にストレスかかった時に最初に曲がると思います。
    うちのBTみたいに削ぎとってから、内側に同形状の当て板を溶接がセオリーかと。。。。

    返信削除
  2. >AN5さん
    やっぱりそうですよねぇ。ただ、削ぎとってアテ板したところって、折り曲げに弱そうなので、その意味では潰しのほうが強そうに思われたのですよ。

    返信削除
  3. どちらの方法が良いか自分には分かりかねますが、もし潰しでチャレンジされるのであれば、このラック式ハンドプレスがありますので、声を掛けて下さい。
    http://www.nakaseiki.co.jp/products/handpress/lineup/pdf/01.pdf
    まあウチで使うといっても、堅いオニグルミを割るときぐらいですし・・・

    返信削除
  4. >ichi-xさん
    ありがとうございます。
    ただ、ちょっとスペースがないところでして、ラック式がどうやら入らなさそうでございます。油圧は断念して、プーラーみたいなネジ式を選択することになるのかな。

    返信削除