2009年6月5日金曜日

camaraderie & competition

E2008_svra_roebling_road_025"年取ってもレースはヤメないよね。ヤメたら年取っちゃうから"
・・・このTシャツをプレゼントしたい諸先輩の顔が頭に浮かぶflair



この写真は、USのヒストリックフォーミュラの統括的な団体のMonoposto Racingのひとコマから。
レースのある週末は誰かがホストになって、パドックに置いたトレーラーのまわりでパーティーを催すのが恒例だ。

トレーラーやキャンパーで時には数千マイルもの彼方から集まるUSと道具や環境が違うけれども、日本の僕らもこんなことを自然と行えたらいいな、と思う。



Monopostoは、いろいろな主催団体のイベントを間借りして走らせていて、結果的に彼らのレギュレーションが全米のヒストリック
フォーミュラのデファクトスタンダードとなった。その過程で彼らのモットー"camaraderie &
competition"に基づいたルールやマナーも浸透し、このようなソサエティや安全なレースが維持できているそうだ。


彼らに倣って僕らができることがあるとしたら、それは基本原則に忠実なレギュレーションやルールを明文化するだけでなく、それらをメンバーひとりひとりが自分のこととして守ってゆくこと(いちばん大事)ではないだろうか。


もちろん、言うは易しだし、それによって若干の面倒さと自覚を伴うかもしれないけど、代わりに自分がMonopostoみたいな素晴らしいグループに属することができるなんて、想像するだにワクワクするでしょsun


10 件のコメント:

  1. ��基本原則に忠実なレギュレーションやルールを明文化するだけでなく、それらをメンバーひとりひとりが自分のこととして守ってゆくこと(いちばん大事)ではないだろうか。
    おっしゃる通りですね。
    「クラシックバイクレース」にエントリーしていた頃。
    レギュレーション違反した車輌がありました。
    オーガナイザーへ苦言を呈する為には、1箇所・1箇所、フィーが必要でした。
    ・フロントフォークΦ(35Φまで)
    ・メインフレームへの改造
    ��ホイールのリムサイズ
    ・年式
    ・排気量
    上記のレギュレーション違反を見つけてもフィーがかかると思うと・・・。
    結果、違反行為が見つかればフィーは返してくれますが、ばかばかしくて・・・。
    違反している本人だって後ろめたい気持ちで走っても楽しくないと思うのですが。
    添付サイトの「PHOTO」あれこれ見ました。
    19-20 August, 2006 VSCDA au Grattan ←!
    何と!
    軍手の奥様が「ヒューランド」をバラシテル!!
         What a wonderful family it is!
    我が家のカミサン「ピットロード・ライセンス」持ってたけど、さすがにギアボックスはバラせませーん!

    返信削除
  2. エスロクレーサー2009年6月5日 18:11

    このフレーズいいですね。
    座右におきたいと思います。
    このcamaraderie何と約したらよいのですか?

    返信削除
  3. ��ouをIにかえて自分のためにTシャツ作ろかな[E:coldsweats01]

    返信削除
  4. >BT16Aさん
    違反行為を指摘する側ばかりにリスクや負担があるのはアンフェアですよね。。
    >>違反している本人だって後ろめたい気持ちで走っても楽しくないと思うのですが。
    ホントそうですよね。
    ただこのパターン、どうやら
    ��1)明らかに本人がわかってやってる
    ��2)本人はわかってないけど、知らずにやってる
    の2つがあるようです。前者は本人を直接刺しに行けばいいけど、後者はご本人に自覚をもってもらわないと、刺しようがないですね。強制的にヘッド開けるなんて、アマチュアの僕らとしてはやりたくないもの。
    こういう言い方もよくないけど、レギュレーション読まないメカと、全部おまかせっのドライバーの組み合わせだと、ホント難しいでしょう。
    奥さんまでがHewlandバラせる場合は、(2)は当てはまらないと思われますが。。
    >エスロクレーサーさん
    ご自身のように、還暦超えたらこのTシャツを着る権利があるでしょう!
    ==
    camaraderie【名】
    〔共同作業をするグループなどにおける〕友情{ゆうじょう}、仲間意識
    ==
    と辞書にありますが、「親しき仲にもレースあり」っていうニュアンスじゃないかと。
    >白猫#35さん
    ・・・白猫さんにはまだ早いです!!
    僕らは、ジジィに負けないという主旨のTシャツ着ないと。。。海外だと歩けないようなジイさんが、ひとたびコクピットに収まると気が狂ったみたいに速かったりするわけで・・・Monopostoのサイトみても、それをイヤというほど分からされます。。

    返信削除
  5. ��還暦超えたらこのTシャツ
    赤いチャンチャンコに白地でプリントですね。
    あと12年、まだまだだなあ。
    ��歩けないようなジイさんが、ひとたびコクピットに収まると気が狂ったみたいに速かったり
    この場面をタスマンで何度も見てびっくり仰天しました。

    返信削除
  6. >ERさん
    そう、まだまだですよ!
    タスマンみたいな4輪だけでなく、2輪の世界もそうらしいです。お付きが抱えてやっと載せたようなジイさんが走り出すと速くて、でも止まると立ちゴケするので、後ろから必死に追っかけてまた抱えて降ろすらしいです。ERさんも、db1でそれをやってもらわなきゃ。
    本題の方、日本ではまずFFordがガイドラインに全車が揃うことで、他クラス含めてこっちの方向に向かえるといいなと思っています。

    返信削除
  7. NEKOがサイトでFF用AVONなんか売ってるのでややこしくなってますよね・・
    でもタイヤ以外は大体揃ってきてません?

    返信削除
  8. >ERさん
    Avonは輸入元でもちゃんとリストしてますものね。。
    確かにだいたい揃ってきてるのですが、些細な違いで大きな性能差を生むのがFFなので、タイアだけではまだ不足なのかもしれません。
    というのは、各車はこれまでいろんなところで修理されてきたので、場合によってはバルブやポートが大きかったり、圧縮比が高くされてしまった可能性があるからなんです。
    スタートラインが一緒でない場合に、イコールコンディションを実現する、イコールであることを確認するのは難しいものですね。まさか、再車検でヘッド開けるなんて、絶対やりたくないですもの。

    返信削除
  9. うちのも疑惑?を持たれておりますが、筑波、富士とも最高速では他車に後れをとっていますので大きな逸脱はないかと。
    でもこの前フラットヘッドを探した際も、あったのはビッグバルブ用ばかりだったような・・(汗)

    返信削除
  10. >ERさん
    >>疑惑?
    クラス常勝ゆえのことですね。。ちょっと羨ましい(笑)
    データを持っていないので知りませんでしたが、Titanよりもっと速いFFがいるのですね!
    >>あったのはビッグバルブ用ばかり
    国内調達だとそうなりそうですね。
    前回OHされたときの、ヘッド+バルブやピストンの写真は撮ってませんか?
    実は大してバルブが大きくなくて、結局素のFFのまんまじゃん、と名誉挽回できそうに思いますよ。

    返信削除