2009年6月15日月曜日

mind your old rubber

Dsc00941相当久しぶりに自転車の話。
母のXantiaをディーラーに持ち込んだ帰りは、中に積んできたDe Rosaで。
クルマからフレームを出し、フロン
トタイアにふと目をやると、なんとサイドウォールが裂けている。新品チューブラーを入手したまま、放置していたのは完全に僕のポカ。



見送りに立つディーラーの営業を待たせるのは申し訳ないので、しかたなくそぉーっと漕ぎ出し、ウーゴ翁が嘆くような15km/hぐらいの徐速でゆっくり、ゆっくり。どうやら大丈夫そうなので、段差はすべてウィリーさせ、ブレーキは極力リアのみ。普段50km/hの下り坂も、今日は25km/hに抑える。実にツラい。



Dsc00944その一方でよいことも。
ちょっと前からサドル(高校時代からのConcor)を5mmほど前に出し、少し前傾させたところ、お尻のサポートが改善して非常に快適に。
この新しいポジションも相まって、普段より全然遅いペースで走ると、こんなに自転車って疲れない道具だったのね、ということが判明。


これまでいったいどういうペース(心臓含めて)で走ろうとしてたのか・・・しかもノーヘルで・・・は、あまりよろしくありませんね。よいこは真似しないで(笑)


8 件のコメント:

  1. 自分も最近、二十数年ぶりに自転車が欲しくなりアルミフレームのミニベロを買ってしまいましたが、わずかなポジションの調整で身体の負担がずいぶん違うのが今頃になって分かりました。まあ要するに体力が落ちているだけなんですが…

    返信削除
  2. >ichi-xさん
    スピードメーターをつけてしまうと、ポジションやタイアの空気圧が如実に数字で見えるので、それらの重要性がよくわかります。
    "身体の負担"なんてじじむさい言葉、僕も口にするまいと思っていたのですが、実感することしきりですね。
    ところで、今日中学生ぐらいの男の子が電動アシスト付の自転車に乗っているのを見てしまいました。彼らが僕らの年になったら、きっと自転車乗れないですね。実に嘆かわしい。

    返信削除
  3. 無事に帰還出来て何より。 現在自分がチョイ乗りに使っている METRO のリヤタイヤが同様の惨状になった時に、急いで懇意にしている自転車屋に駆け込んだのを思い出してしまった。 タイヤ・チューブと共に光度が怪しかったライト等を買ったら、もうちょっとでママチャリ購入出来る金額に。 何だか複雑な気分で店を後にしました。 しかも何をテンパッたのか、わざわざ靴履き替えてGIOS号で行った私。 自動車の選択肢が頭から抜け落ちていたコトにビックリ。

    返信削除
  4. >CLOTさん
    今回は押して帰ることになるかと思いました(汗
    さすがに山坂の多い都内に住む僕としては、常にクルマが#1の交通手段です。胸張れないけど。
    今は、チューブラー張り替えるのがメンドくさくて・・・いまだにテープじゃなくてボンドで留めたい派なんで。

    返信削除
  5. エスロクレーサー2009年6月15日 18:09

    こんなときパンクでも走れるチューブラーのありがたさ痛感したのでは。
    でもせっかくの高価なタイヤが一発でおじゃんですが。
    後ろがコーダトロンカになっているコンコールのサドル具合がよさそうですね。

    返信削除
  6. >エスロクレーサーさん
    真実を明かすと、すでに4年落ちぐらいのいちばん安い類のチューブラーだったので、惜しいというよりはしくじった感が強いです。
    今でもクレメンのセタとかあるの?と友人に聞いたら、そんなメーカーも材料も使わないと馬鹿にされました(笑
    今だったら買えたのに。。。
    Concor、速そうな形が好きで、ずっと手放せませんが、セッティングが悪いとただの痛い木馬です。

    返信削除
  7. へー!「De Rosa」ですか!
    やはり「Techno」と同じくクロモリパイプフレームが主食なんですねぇ。

    返信削除
  8. >BT16Aさん
    まあ、高校のころ買えなかったから今リベンジ買いって感じです。
    Tecnoとちがってこのころの自転車はロウ付けですけどね。バイクは特にヘタなんで、そっちのイタリア製は断念してます。とはいえ、ときどき小さめの旧いドカとか、格安のSatrunoとか欲しくなるときがありますが。。グッと我慢。

    返信削除