2009年8月27日木曜日

Tecno FB updates(13)

Dsc00971_2
忙しさにかまけて更新していませんでしたが、先週末も最後のClub305に出かける代わりにガレージで作業を進めていました。
予定通り、弱電の配線のやり直し、バッテリー周りのやり直しが完了。



Dsc00972
その前には、アルミ板で作られた計器盤の縮み塗装を剥離して、ラバー系のペイントでオリジナルのプラスティック製っぽくやり直し。以前のFFordもバキバキに割れたものがスペアについてきましたが、割れていないオリジナルのパネルは非常に稀有で貴重なのです。

それから、スイッチ類はほとんど新品に交換し、VegliaのレブカウンターはStackに交換です。



もうちょっと手を抜けばさっさと組みあがるのですが、二度と同じことをしたくない、というものぐさな考えから、逆に時間が掛かってしまっています。

次週は足回り仮組みとブレーキOHをやってしまおうか、というところ。

ではまた24hours


2009年8月17日月曜日

Tecno FB updates(12)

9 ハヤいのが好きな僕ですから、取り付かれたように深夜まで作業して大分進捗しました。

ラジエーターをつけてウォーターラインを決めて、足回りを仮組みしてロッドエンドのカラーのサイズを出してゆく。ネジはケチらず、全部12.9の新品にするのはいつものこと。




8_2
加工屋に出る寸前のブロックを借り出して、オイルポンプが無事クリアできることを確認。Europa用のフロントカバーにあわせてバルクヘッドにウォーターラインの切り欠きを入れる位置も決定。



6 来週はエレキ周りをやっつける予定です。

ところで、前オーナーがつけてきたVegliaのレブカウンターの下部にH-Dのようなマークが。これって、Aermacchiでしょうか。でもAla d'Oroなんかはもっと大径の白い盤面のようだし、いったい出自は何でしょう?

取り出しが面倒なので、Stackのエレキにしてしまいますが。


というわけで、(実際はいろいろ問題があるのですが)割と順調な週末でした。9月にはローリングシャシーが完成するように、しばらくは全開で走ります。

ではまたtyphoon


2009年8月13日木曜日

Tecno FB updates(11)

3
ついにフレームが完成して、取りに行ってきました。



昨日PMの会議などが急にすべてキャンセルになり、さらに夜の部もキャンセルに。これなら行けると即断して、業務終了→三島行きを決定(部下は苦笑)。
東名もガラ空きで、なかなかラッキーな1日ではありました。



4_22で、肝心のフレームといえば、前からみて時計回りの捩れ修正、シートベルトアンカー追加、それから懸案だったオイルポンプとの干渉部分の改造をやっていただきました。ついでに、タッチアップも。お土産に地産のアジの干物(これが美味)までいただいてきてしまいました。


あと2ヶ月で走り出せるか?・・・何か行けそうな希望が出てきました。


ではまたupwardright


2009年8月10日月曜日

wet, mossy

Dsc00962_2twitter風に書くなら、軽井沢なう。
濃霧のなか0時着。午後に1本飲んだワインが抜けたら、深夜に帰京。
そういえば、親子2代、Xantia計3台ですが、降雨の中ぬえわキロで不安のないクルマは稀有です。こういう使い道に最適ですが、もう少し来るヒマがあれば。。。



それにしても軽井沢の気候変動の激しさといったらまったく。エアコンと集合住宅は厳に禁止すべし。
 



2009年8月7日金曜日

I'd rather have a burger

Regdiner時間があったので、10分ほど歩いてRでランチ。
ちゃんとしたイタリアンやフレンチも好きだけど、やっぱり僕にはアボカドバーガーと(今回選べなかった)チェリーコークがちょうどいい。



Goodwoodより、Montereyやクラブレースの方が落ち着くのと同じなんでしょうかね。無理なこじつけですが。



2009年8月3日月曜日

Tecno FB updates(10)

前回のエントリーで若干悲観的な見通しをお伝えしたフレームの件ですが、今週末までに急速に進行しました。
週末にS自動車さんに伺って検分したところ、フレームの狂いは製造時によるものを除くとわずかな箇所だったため、すでに歪み取りとオイルポンプと干渉した部分の改造などが完了し、残すは塗装補修のみ。多忙なSさんとはいえ、あと少しでしょう。



それにしても、フレーム各部の寸法を綿密に取って、図に落とす几帳面なやり方にはとても感激するものがありました(企業秘密があるので、図面は自粛しておきます)。やはりプロは人柄が仕事に出るものです。
もちろん製造時のものと思われる寸法的な誤差はそのまま残りましたが、アームのピックアップポイント
を付け替えるほどでもないでしょう、という判断で(僕の負担を)抑えておくのも、きっとお人柄でしょう(笑


Dsc00961
Dsc00960
その一方、LTCのカムカバー(実はリプロ)を入手して、ブルーヘイズAさんには素晴らしくキレイにフィラーを埋めていただきました。メンドクサイことが嫌いな僕ですから、溶接後に磨かれた部分を逆にブラストで鋳肌っぽく荒らして、耐熱ブラックを直に吹く予定です。だってレーシングカーですから。


そんなわけで、すっかり周囲に甘えながら、ありがたくも進捗しはじめております。
ではまたsun