2009年10月27日火曜日

HAFJ2009

DSC01045 作りかけのTecnoを曳いて、週末はもてぎに行ってきました。
今回僕は何にも乗らなかったので、Tecno話はSAで隣り合わせたカッコいいAirstreamとの写真にとどめ、あとは友人たちの活躍に割くことにします。



●Tipoバトルロイヤル45分

普段乗りのEvo2 Deltaで、友人の小こたちょとDelta仲間のH氏のコンビが参加。
予選では、いろんな意味でサルな小こたちょが2分26秒台の6番時計を叩き出したものの、裏ストレート終わりでブレーキが効かなくなって、サンドトラップ内で何とか向きを変えて逃れるというコワい目に。ボディは見事にサンドブラストされたが、機械的ダメージがなかったのはせめてもの幸い。決勝では4WD+ターボのメリットを活かしてスターティングドライバーを勤める小こたが3位にジャンプアップするも、S字でタコ踊りして後退。その後はH氏に交代→ふたたび小こたと順調にラップをこなして15位でフィニッシュ。いかんせんピットストップごとに5分のハンディは、Deltaには重過ぎるよね。
DSC01055IMG_1915IMG_1917
凸凹コンビが互いの健闘を称えるものの(左)、タコ踊りで順位を落とした小こたちょは、哀れ土下座踏みつけの刑に(中)、 そして最後は仲良く、全員で記念写真(右)。
あえて肖像権を無視して掲載したくなるほど、何だか(僕ららしくなくも)すがすがしい表情です。レースは結果があるから、こうなれるんだよね。

●Historic Formula Register Cup
全員が仲間なので、こちらのphotoalbumにすべてを譲ってしまいましょう。
決勝では(ドラミ指示と異なり)エンジン停止を命じられたあとに再起動できなかったYさんが怒涛の追い上げで最終周に3位をもぎ取るなど、見ごたえのあるレースでした。
余談ながら、表彰式でClass2ウィナーのERさんが登場せず、居合わせたHFRメンバーにハメられて僕が代理受領+ご挨拶まですることに。ご本人のマネをするわけにもいかないので、実に困ります(汗

●Le Mans Trophy
DSC01073 今年末にUKに帰任するポールさんが、一世一代のオトコの花道として臨み、ちゃんとポディウムの頂点を勝ち取りました。彼自身のよろこびもひとしおのようでしたが、周囲のみなさんが(長い間の苦難を乗り越えて)報われたことをとても嬉しく思います。ポールさんもひとりひとりにgood job, thank youと言ってましたね。

見せ物を期待して訪問した方からは、あまり好意的な感想を得ていない今年のHAFJでしたが、参加する立場では十分にエンジョイすることができました。やはり2デイのイベントなので十分な時間があり、普段一緒になることのないカテゴリーが肩を並べるのは、このイベント以外ありませんし、その多様性もあって今までつながりのない類の友人がまた増えました。今年台数が集まったクルマ/カテゴリー、そして参加したヒトは、不況にも左右されず最後までこの世界に残るであろう存在だと思います。

では、また来年!


10 件のコメント:

  1. てっきり表彰式は夕方だと・・(涙)
    まあ来年の予行演習だと思ってくださいな。

    返信削除
  2. エスロクレーサー2009年10月27日 18:41

    モーターショー然り、ネコヒス然り、これからは見せるイベントより人が参加してコミュニケーションを楽しむイベントが残るのでしょう。

    返信削除
  3. 先日はありがとうございました。
    僕は見る立場での参加でしたが、結構エンジョイ出来たと思います。
    アルファロメオのF1も久しぶりに見れましたし、クーパーマセラッティーのエンジン音も聞けましたし。
    しかしイタリア車にしか興味が無い僕にとって、イタリア車の参加が少なかったはちょっと残念でしたが。

    返信削除
  4. フレーム、綺麗に上がっていましたネ。
    あとはエンジン乗せて駆動系を組み付けるだけだから、何とか間に合うんじゃ~ないかとも思えましたが、それから煮詰めるのに思いがけなく時間がかかっちゃうんだよな~。
    のんびりと来年ですネ!

    返信削除
  5. マイノリティな私は東京で座学でした。講演後、 御尊父は来客があるのでと早々のうちに退席されました。こっちの出席率はまぁまぁでしたが、イベントのブッキングはあまり嬉しくないです。pサンの 来年の復活に期待しております。

    返信削除
  6. みなさまコメントありがとうございます。
    >ERさん
    うーん、再来年ぐらいのpodiumを目標にがんばります。これ以上モノがこわれないことを祈るのみですね。
    >エスロクレーサーさん
    まさにそこがポイントですね。媒体も、from-aboveな情報を落とす雑誌はもう廃れました。モノの買い方も、コミュニケーションの媒介となるものに移ってきていますね(たとえそれが、ネット越しであっても)。
    >S&Jr.ZAGATOさん
    レースするならイギリスのクルマが手っ取り早いのですが、天邪鬼な僕としては避けたい手段です。ぜひ、イタリア製でこっちの世界へ!
    >Biancoさん
    まあ、1ヵ月半で完成させようっていうのは、今にして思えば(もっと早く気づけよ!!)無理がありましたね。年内ぐらいの完成を目指します。
    >CLOTさん
    ちょうどトレーラーを実家に戻すところで来客に会いました。僕は初対面のJ.Lamm氏でした。Skip Barberとは知り合いだよ、などしばしUSのクルマ話をしました。

    返信削除
  7. 当日はお世話になりました!
    凸凹コンビこれからもがんばりますのでよろしくお願いします。
    いやーフォーミュラの世界って良いですね!
    実は真剣に見たのは初めてで。。。。
    申し訳なく思いつつ、クルマの基本を知ることができる一日でした。
    完成が待ち遠しいですね!

    返信削除
  8. >ハギィさん
    ようこそ!もてぎではおつかれさまでした。僕は逆にナンバー付きレースのよさを知る機会になりましたよ。

    返信削除
  9. 土曜日の走行でトラブリ、その日のうちに帰ってしまいましたので、日曜日は失礼しました。
    楽しくってしょうがないので、何とか早くちゃんとした状態に戻して、サーキットに帰って来たいと思います。

    返信削除
  10. >厠之雲黒斎さん
    そう、今回のHAFJに思い残しがあったとすると、MarchやTecnoFFと並んで写真を撮るチャンスがなかったことでした。
    今回僕の知る限り3台のフォーミュラが、ホイールの真円度に難ありでした。案外狂うものですね・・。
    お早い復活お祈りします。来年の走行会か何かでご一緒しましょう!

    返信削除