2009年11月30日月曜日

*new* Tecno rear uprights reproduced

Rupright1ここしばらく、イギリス人のTecnoオーナーと頻繁にやりとりをしています。
というのは、彼がリアのアップライトを再生産しようとしているから。

Tecnoのリアアップライトは、当然ながら軽合金製ですが(一部を除いてアルミなのはせめてもの救い)、もはや40年以上前の部品なので、誰もが不安を抱えています。

BrabhamやLotusみたいに、ある程度のマーケットがあればともかく、Tecnoはオーナー同士の横のつながりがこれまで弱かったこともあり、だれもトライしたことがありません。こういうことこそ、Tecno Registerとしていちばんやりたかったことなので、プロジェクトに全面協力することにしました。




ここをお読みの大半の方には関係ないモノではありますが、将来Tecnoを買っちゃったらどうしよう。。というそそっかしい方、アルミの文鎮がなくて困ってるという奇特な方、このアップライトを使って違うクルマを作ろうなんて考える無謀な方、ご興味あればお知らせください。

なおご参考までに、予価は鋳出したままの状態で590ポンド、機械加工をしたもので690ポンドで、オーダー締め切りは1月20日です。安くはないけど、誰も儲けないので、高くないんですよ。
#数がまとまったら安くなりますが、15個以上まとめないと実は赤字なのです。


2 件のコメント:

  1. 素晴らしいプロジェクトですねぇ。
    ��ARCHのならすぐにでも手を上げるのに、、、、
    願わくば、十分な賛同者を得て、成功裏に終わりますように。

    返信削除
  2. >厠之雲黒斎さん
    激励ありがとうございます。
    Marchの場合は、たとえばホイールは複数年次で基本的に同じものを使ってるようで、台数もさることながら市場がそれなりにあるのがうらやましいです。
    全く力及びませんが、Tecnoについてmarchives.comのようなことができたら、と思ってるのですよね。

    返信削除