2009年11月3日火曜日

wanna run TIGA?

Screen_shot_20090917_at_17.03.04 イギリスのレースカーコンストラクター、TIGA Race Cars Ltd.が売りに出てます。
TIGAといえば、SP2000やIMSA GT/Gp.Cのイメージが強いですね。

32万5千ポンドで、TIGAのすべての製造権/営業権、図面、ボディ型、ジグや鋳型、そしてCカー2台半ぐらいが付いてくるようですが、シルバーストーン近くのファシリティは付いてこないみたいです。

考えようによっては安いかもしれないこのオファー、クルマを買うことに飽きちゃった方など、いかがでしょう?少なくとも、一生分のprojectが、すぐ手に入るはずです。



wikiを見るまで知らなかったのですが、TIGAはTim SchenkenとHowden Ganleyがファウンダーで、彼らの名前の字をあわせた名前だったのですね。。


3 件のコメント:

  1. レースカーメーカーの製造権と営業権までネットで売られる時代になったんですね。
    もっとも、もっとでかい自動車メーカーだと、投資銀行が持ち回り、アラブや、インドの金持ちが買うことになるんでしょうから、TIGAくらいは、せめて、国内のエンスーに買って欲しいですね。
    でないと、ますます純・英国籍のクルマが無くなる・・・

    返信削除
  2. 実は去年と先々週、TIGAのF2000の良さそうな出物があったので、英にオファーしていたんです。
    が、オーナーが強気で諦めました。
    よくメジャーなメーカーしか見ない輩がいますが、僕はTIGAは好きですね
    ��さん、サイドビジネスで買って~

    返信削除
  3. >renzoさん
    TIGAに中東のお金持ちが興味を持つことはないでしょうが、ヤマっ気のあるアメリカ人だったら買うかもしれないですね。でも期待収益から割り戻すと、2台半ついてくるCカー以外の価値は低いだろうな。。
    >AN5さん
    あれっ?僕はAN5さんが触手を伸ばすであろうことを予想して、この記事書いたんだけど(笑
    それにしても、すでにTIGAのFF2000をすでにオファーしてたとは、さすがすぎる!

    返信削除