2009年12月14日月曜日

Tecno FB updates(24)

  D14RリークしていたGirling D14Rキャリパーの修理が上がってきてから1ヶ月も放置していましたが、ようやくやる気になって組み上げることにしました。


余談ながら、前夜遅くまでスプマンテ→シャルドネ→モンテプルチアーノ→リモンチェッロ(実はカボスで作ったハウスリキュール)をしこたま戴いて、昼まで肝臓フル稼働でした・・・ので、本日の作業はこれぐらいでご勘弁ください。



D14R3イギリスの友人が送ってくれたOリングをラバーグリスをなじませながらエンドキャップにはめて、ガレージAで作っていただいた専用工具で締めていきます(もしD14RのOHに必要であればお貸しします)。

キャリパーをアップライトに取り付け、フルードを通して適当にエア抜き。そのまま1日放置してリークはなかったので、とりあえずスタティックな状態での問題はないようです。


そろそろ、エンジン/ミッションをフレームに仮組みする段取りをはじめることにします。


ではまたwine


8 件のコメント:

  1. この専用工具の作りに「郷愁」を感じてしまいました。

    返信削除
  2. >ichi-xさん
    「郷愁」って、RCあたりに向かうものでしょうか?
    作ってくれたガレージも老舗ですから、すべてが郷愁なんですけれどもね。サッとこういうことをやってもらえることは、いかにもその時代上がりのスキルだし、ありがたいです。

    返信削除
  3. そうですねぇ・・・「橋の真ん中」になる前の「工場」とみんなで呼んでいた、渋~いトタン屋根のガレージですね。自前のガレージを持つなら、そういう再現をしてみたいです。

    返信削除
  4. >ichi-xさん
    なるほど。なかなか個人宅っぽくありませんが、仲間内で集まるにはいいですね(でも奥さんはイヤだろうな)。
    僕もウマのタペストリーが掛かってて、赤いソファがあって、リビングからクルマが見えるけど何にも直せないようなガレージは苦手なのです。

    返信削除
  5. ウマといえば、粋なオーナーが「高級工具の行商人」に車載用の(使わない)工具セットを注文したことから、車載工具の「粋比べ」が他のウマのオーナーの間で流行ったようです。今はどうだか知りませんけど・・・

    返信削除
  6. 「高級工具の行商人」ってことはSnap-onのことですね。
    車載工具の「粋」さは何が決め手なんだろう・・・。
    ��)数の多さ
    ��)Dinoのプラグでもカンタンに替えられる特注プラグレンチ
    ��)Schedoni製特注バッグ
    ��)その他
    「粋」「風流」に無頓着な僕としてはようわからん・・・

    返信削除
  7. 数を増やせば素人目には迫力でも、たぶん「野暮」なだけでしょう。特注のプラグレンチやバッグなら、まずまずの線かも知れませんが・・・。
    ちなみに私メの場合、ホイルナットをクルクル回す専用のソケット&グリップは常に持っています。その程度で「粋」と言い張るつもりはありませんが、汎用工具と違って特定の使い道でスマートに威力を発揮するのは「粋」じゃないでしょうか? その意味で今回の特殊工具の「粋度」はかなり高いと思いますヨ。

    返信削除
  8. >特定の使い道でスマートに威力を発揮するのは「粋」
    おっしゃるとおりですね。
    「粋」って、わざわざそんなことしなくってもさぁ・・というところにあるような気がするので、必要に迫られて作ってもらった今回のキャリパー用の工具は、無粋かもしれませぬ。。。エンドキャップの内側に沿わせた丸みはなかなか粋なんですけれどもね。

    返信削除