2010年2月15日月曜日

Bloody Mary

bloody mary


アルコールではありません・・今週末はもう結構。hotchpotchなpre-war carの方です。



この形振り構わなさ加減は、日本人のセンスをもってすると相当理解しがたいものです。でも、いざスタジオに入れてみると、その身も蓋もないほど合目的的な美学を少しは理解した気になったりするものです。

それにしても、Broughから外したJAPが2基も載っていたとは。



もっと見たいという、ゲテモノ好きの方(笑)はこちらから。



18 件のコメント:

  1. ゲテモノ好きと聞いてやってきました(笑)
    正直、pre-war carには明るくなく、ゲテモノかどうかも分からなかったのですが、
    純粋にカッコいいかも・・・と思ってしまったぼくはやはりゲテモノ好きのようです・・・(笑)

    返信削除
  2. これでも撮影のためにずいぶん綺麗にしたんでしょう。しかしその粗野な佇まいが益々印象的で味わい深い車ですね。 英国バックヤードの仕上げのいい加減さも、とことん使い込むと他を圧倒する重みを感じます。 波打ったリベット留めのパネルや片方しかないステフナー、合目的な片フェンダーも。 野戦病院的とでもいうのかな。 スゴイ。

    返信削除
  3. なんだクルマか( -д-)
    ��さんが女の子ナンパするカクテルかと思った。(笑)
    戦前に疎いので僕にはリアの眺め以外はカッコいいかも。
    でも左右リジットのフロントアクスルは長いねぇ
    皆んなこうだっけ??
    そういえば、友人の息子(18歳)がA7買ったみたい。
    日本で一番若いオーナーかも。末がおそろしい

    返信削除
  4. エスロクレーサー2010年2月15日 18:41

    2つのJAPエンジンをどう同期化させて1本のチェーンで後輪を駆動しているのでしょうか?
    でもこの重心の下げ方参りました、コニリオ真っ青です。
    そして決して嫌いじゃありませんこんなゲテモノ。

    返信削除
  5. ��JAPエンジン>
    バイクの場合は、「BURMAN」や「AMC」ミッションとの組み合わせで戦後50’くらいまで使われていたのでは?
    ��エンジン・ヘッド>
    「ロッカー・アーム」も「ヴァルブ・スプリング」も剥き出しなのはバイクのJAPエンジンも同じ。
    ��Tレースで、ライダーはオイルを注しながら走ったらしい。
    砂とか噛んで大変だったはず?
    それにしても、2連装とはねぇ!

    返信削除
  6. 公営ギャンブルで四輪レースが復活するんじゃないかと思わせる雰囲気がありますね。
    そういえば昔のオートレースの選手がJAPを「ジャップ」と言っていたので、うっかり自分も同じ言い方をして親に怒られちゃった事がありましたっけ。

    返信削除
  7. 百戦錬磨の小兵ですかねぇ。 馬蹄45/47や蛇Bimotoreは斧で、こっちは真剣? どっちも触ったらエライ事になりそうですが。
    ボディ・スタイルは A7 spl. にも見えますが、名前の通りキツそうだぁ。
    ゲテモノ好きですので、堪能しました。
    先日、若いA7 owner からmixi経由でメールがきました。 Nippy だそうで。
    免許取得するかしないかで戦前どっぷり・・・。
    ’濃さ’ではpさんの次くらいに凄いかも。

    返信削除
  8. うわぁ、このblogを見てくださっているみなさんのゲテモノ好き率がよくわかりました。。。
    >とも春さん
    こういうゲテモノは、得てしてお金がないけど知恵を働かせた結果の産物ということが多いです。ぜひ若いうちにそんなことやってください(年寄り臭い発言だな)。カネに飽かしてモノつかむなんて、年とりゃ誰でもできるんだから。。
    >q.M.pさん
    ホント、圧倒される何かがありますよね。昔大学の授業で、飛行機好きらしい教授がなぜか第1次大戦の飛行機の脚について英独比較をされたことがあるのですが、独:巧妙で効率的な設計だが高い製造技術が要求される、英:簡素だが素人レベルの工作で独並みの性能を発揮する設計、と一刀両断されました。BMにも共通する思いがあります。
    >AN5さん
    僕はシラフでナンパできるけど、最近とみにイケてないんだよ(泣
    それはともかく、こういうチェンドライブのヒルクライムスペシャルは、言ってみれば直ドリ専用車なんでリアトレッドが狭いヤツが多いですね。最後の最後まで舵が効くんでしょう。そもそもリアアクスルはFNのようですし。
    >エスロクレーサーさん
    文中では(おそらくクラッチみたいに)スプリングを噛ませたスプロケットで2台の差を吸収させるようにしたと書いてありますね。でも、ツインエンジン以降は4人の押し掛けが必要になったとか。ケッチンでチェンやスプロケットが壊れる恐れがあるようです。
    >BT16Aさん
    同じく文中にはなんとSturmeyArcherの4段ボックスに取り替えたと書いてありますね。SAは自転車用ギアや変速機しか知らなかったのですが、バイク用なんでしょうかね。
    あと、スタート寸前にオイルを抜いて(圧縮抵抗を減らして)走らせたとも。ローラー/ボールベアリングなのでちょっと残ってりゃいいということのようで。
    ところで時代は違いますけど、J.A.P.といえば何といっても500CC F3ですよね!
    >ichi-xさん
    僕も同じこと思いました。
    このBMが大西洋を渡ればダートトラッカーになり、それが日本にくればオートレースなんでしょう。ちなみに元選手は走り屋●●の著者ですか?
    >CLOTさん
    Bresciaを褌一丁というなら、こっちは・・・具が見えてる感じかな(笑
    18歳でA7なんて・・・どういう環境や教育でそうなっちゃうんでしょ。
    18歳当時のことを含め僕は全く"濃く"ありません。みなさんからprewar進出の期待が濃いのですが、本人的にはドン引きです。
    このBMも、あくまでextremeなレーシングカーの一例として書きたかっただけですから。たまにはOctaneも面白い記事があるもんです。

    返信削除
  9. 「Sturmey Archer Gearbox」って戦前の「NORTON」等に純正装備されていたメーカーですね。
    http://2.bp.blogspot.com/_ig-rVjdZcIw/Shwi-hplKiI/AAAAAAAAAVk/BWpFAk1dKwc/s1600-h/P5220033.JPG

    返信削除
  10. >BT16Aさん
    ありがとうございます。なるほど、いかにもイギリス製の重そうな'boxですね・・・。

    返信削除
  11. 実はその元選手と著者の関係はいわゆる「同期の桜」なのですが、現役時代の話になると「あの野郎は・・・」という調子でしたね(笑)

    返信削除
  12. >ichi-xさん
    じゃあ、結構な古株の方ですね。著者さんは八百長事件に巻き込まれたし、破天荒なところがあったようですからねぇ。。

    返信削除
  13. ブラディ・マリー!憧れの一台ですね。
    ��Nなどのヒルクライムモンスターマシーン全般が大好きです。
    なかなか日本人には理解されないですね・・・。

    返信削除
  14. ゲテモノだなんて。でも、きれいな画像を見せてくれてありがとうございました。
    SPECIAL中のSPECIALですね。こういう車には最大の敬意を表しなくてはいけません。
    もう35年くらい前になりますがこの車をビューリューのナショナル・オートモビル・ミュージアムでみました。信じられないほど小さかったのを思い出します。このとき気に入ったのは小さなこの車と4台の巨大なランド・レコード・ブレーカーでした。小さいのや大きいの、そしてSPECIALなのが好きなのです。

    返信削除
  15. >renzoさん
    戦前といえども、こんな粗野なものがお好きとは意外でした。でもrenzoさんみたいにwell-heeledなestablishmentは買っちゃダメですよ(笑
    >MKさん
    ア、イヤ、敬意を表して敢えてゲテモノと評しておりました(汗
    イギリス人って、不利な立場での戦いにプライドを重んじるようで、BMのオリジナルオーナーも母親が3litre Bentleyにさえ乗っていた家庭環境ながら、こういう粗野なことを尊ぶのでしょうか。

    返信削除
  16. ��結構な古株の方ですね
    僕が初めて会った時はすでに足の不自由な人でしたが、走路がダートから舗装に変わった昭和40年代の始めは、落車で怪我をする事が多かったみたいです。「一緒に転んだ相手のクラッチレバーが刺さったんだ」なんて言いながらお腹の傷跡を見せてくれましたが、荒っぽい時代でしたねぇ・・・。

    返信削除
  17. >ichi-x
    うぅ、読んだだけでお腹をさすってしまいます。
    舗装になって、スピードが上がったのにプロテクションが付いていかなかった時期があるんでしょうね。鉄のスリッパも履いてなかったんじゃないかな。。

    返信削除