2010年2月22日月曜日

generous

ちょっと前にきいた、ちょっといい話。

話をしてくれた彼がまだ地方都市に住む中学生だった80年代初頭のこと。某誌でみた某コレクションに日々胸を焦がすうち、ついにこのオーナーさんの会社に手紙を送ってしまった。中学生ですがぜひ見せてください、と。




このコレクション、W125やSSシリーズが全部揃い、SWBやLMに312T2とB3やら、6Cも8Cも複数のTipoBも、33StradaleやらDaytona coupeやら、4CLTからタンデム4発とかA6から300SまでのTridenteのシリーズやら、挙句の果ては49やらRA301やらという史上屈指のコレクション。当時の写真をみたガイジンは、誰もが信じられんという顔をする桃源郷だった。

まさか返事が来るとさえ思ってなかったが、その熱意が伝わったか、しばらくしてご本人から返事が来た。開けてみると・・・某月某日何時に渋谷のハチ公前で待ってなさい。迎えに行きます、と。

そして当日、はじめての上京で右も左も分からないままなんとかハチ公にたどり着くと、6.9SELで迎えに来てくれた。そのままコレクションに連れて行ってくれて、一日素晴らしい想い出をプレゼントしてくれた。

この中学生がその後どうなったかというと・・・某誌のライターを経て、(もうすぐ休刊の)某誌のスタッフライターに。そんな今もこのことが忘れられないし、とても感謝しているそうだ。


8 件のコメント:

  1. ��回程行きました。
    オーナーさんは、後にコレクションの殆どを手放されましたね。
    ��輪では、やはり私にとっては「RA301」
    ��輪では、AJSの「PORCUPINE」
    に目を奪われました。
    その後、上記2台共某コレクションに納まっていますが、今年いっぱいでCLOSEとの事です。
    寂しくなりますねぇ。

    返信削除
  2. え〜ハナシやぁ。
    こういう体験談って、聞くだけでも楽しいですね。
    そー云えば、私も某誌の仲介で楽しい世界に誘われました。
    私の場合は努力を怠っていたので今はこんな体たらく。
    上記の方の爪の垢でも煎じて・・・もう無理か。

    返信削除
  3. エスロクレーサー2010年2月22日 18:51

    件の中学生の紅潮した顔が浮かびます。
    わたしも高校生の頃手紙を出したポルシェオーナーから望外の返事をもらい恵比寿のその方の事務所へ招待されました。
    2階から降りてきたのは現巨匠、皆さんブレザーを着て仕事?をしていたのが印象的でした。
    背の高い日本人離れしたモデルのような憧れの君から「うちの雑誌にイラスト書いてみない」と夢のようなお誘いをいただきましたが大学受験を控え泣く泣くご辞退したのが思い出されます。
    あの時意を決してそちらの道を選んだら・・・

    返信削除
  4. そういえば昔、このコレクターさんの某半島の別宅へ「小船」に乗ってお邪魔したことを思い出したので、たまたま去年「クルマ」で寄ってみたら、恐ろしく道が狭いところで畑に落ちないように引き返すのにひどく難儀しました。要するに乗って行ったクルマが悪いんですけど、ご本人は当時あそこまで6.9SELに乗って行っていたのかどうか???

    返信削除
  5. >BT16Aさん
    二輪の方は一般公開をしましたものね。恐らくはチーフメカだったT田さんの人脈や氏への気持ちもあって二輪を集めたのではないかと想像しています。
    某コレクションもクローズですか・・・そのまま死蔵したら、勿体ないですね。
    >CLOTさん
    いや、不況業種に就かなくて良かったと思いますよ。せめて会社はあるわけで。
    >エスロクレーサーさん
    察するに904に乗ったSさんのRMでしょうか。だとすると、青山トンネルの出口の先ですね。
    >>そちらの道を選んだら
    伝説になったか、巨匠になったか・・・うーむ、どっちになりたいですか?(笑
    >ichi-xさん
    記憶する限り、小さいクルマのイメージないですね・・RRカマルグが自宅の外に置いてあったのを覚えてるけど(笑

    返信削除
  6. ��RRカマルグ
    かつて住んでいた家を建てていた頃、そのカマルグがちょくちょく通って行ったことを思い出しました。当時は今ほど道がなかった事もありますが、あの狭い田舎道を走ってどこに行っていたのやら・・・

    返信削除
  7. >ichi-xさん
    ご実家のことであれば、氏は同じエリアのご出身だったと思いますよ。

    返信削除
  8. おやおや!?実はそうだったんですか!!!

    返信削除