2010年6月15日火曜日

John Fitch comments on 1955 Le Mans(BBC)

オフィスでBBC Int'l radioを聞いていたら、偶然John Fitchが1955年のルマンの事故についてコメントする10分番組にあたりました。彼はクラッシュした300SLRをPierre Leveghとシェアしていたので、この事故には浅からぬ縁です。

番組のpodcast(mp3ファイル)をDLすることができます。たまには老人の話にも耳を傾けてみましょう。

#"have helmet, will travel"は映画「拳銃無宿」のパロディですね。



4 件のコメント:

  1. Hearingは超~不得意です  (|||_|||)
    訳して下さい。

    返信削除
  2. ジョン・フィンチ 御歳93歳!
    耳を澄まして聴きました・・・・だいたい・・・どころか(悲)
    ところどころ・・・以下(恥)
    これから2回目にTRYします(笑)
    何度か「Jaguar」は、「ジャギュアァ」と・・・。
    昔、伊丹十三(当時は、一三)さんの本を読み覚えました。
    そして英語は、中学の頃から何も進化していない事も判りましたぁ!

    返信削除
  3. 番組の内容はともかく・・・
    ��0年ほど前「使える英語」を習うためにわざわざアテネフランセに通っていたのですが、テキスト(Longman)のカセットテープで聞いていた英語は、まさにこの番組のナレーターの喋り方(BBC英語?)だったので、ちょっとタイムスリップさせてもらいました(笑)

    返信削除
  4. >みなさま
    やはり爺さんのフガフガ話は聞きにくいですよねぇ。
    彼のコメントの中で僕の心に残ったのは、ほとんど最後に語った「Pierre Leveghは命を失っただけでなく、評判(名声というべきか)も失った」くだりでした。
    たった1人で挑んだ1952年のLeMansでは4ラップリードでトップを守りながら残る1時間で疲労によるミスでエンジンを壊してリタイア。その活躍を認められて50歳になってはじめてMercのワークスに迎えられたところまでは、サクセスストーリーだったわけですから。
    そういえば名古屋にまだ彼のTalbot Lagoがあるのでしょうか?

    返信削除