2010年11月29日月曜日

snowballs, flooding zenith carb

DSC01532相変わらずクルマからお暇いただきたく、スノーボールなど作ってました。こっちはうまく行ったのですが。。。
先週組みたてたA7にガソリンを入れてみると、フロート室からガソリンが溢れます。
残念ながら、やり直しです。





DSC01534 ウチにあるような旧いクルマのZenithは、フューエルレベルが上がると、フリーに浮かんだフロートがトップカバーに刺さったニードルを押し下げ、フロート室下部のニードルバルブが閉じられる構造のようですが、どうもこのあたりが怪しい。


クラックが入って取り替えた方のキャブと比べると、ニードルを押し下げるレバー(←写真ではハの字型にぶら下がる一対のマラカス状の物体)が減っていてニードルとの間の遊びが大きいので、まるごとスワップします。外したニードル単体をバルブに挿せばガソリンの流れは止まるのですが、トップカバーと一緒に組むとフラッドしてしまうので、結局またキャブをはずしました。おそらくニードルバルブをスワップし、それでもダメならニードルバルブ下部にシムを入れて、もう少し低いフューエルレベルで閉めるしかないのでしょう。


そんなわけで、Tecnoには今日も手をつけられず(泣)
早くこの件は終息させたいところですcloud


3 件のコメント:

  1. 台所でもガレージでも、着々とスキルアップですね。 笑)

    返信削除
  2. 以前マイアミの借家にあった古い芝刈り機のエンジンを直した時の事を思い出しました。

    返信削除
  3. >白猫#35さん
    いえいえ、簡単なものを選んでやってるのは、どちらも同じですよ。
    >ichi-xさん
    ああ、だいたい芝刈り機と同レベルのエンジニアリングかもしれません。でも、これほどの経年変化はなかったでしょう?

    返信削除