2011年1月14日金曜日

worth visiting - le grande tour du Prince Asaka (et sa Voisin)

voisin


東京都庭園美術館で開かれている「朝香宮のグランドツアー」に、先日めずらしくも両親を連れて行ってきました。今度の日曜日(1月16日)が最終日です。




朝香宮鳩彦王は1922年に「軍事御研究」の名目で(実際は伯爵として身分を隠した、いわゆるグランドツアーとして)渡欧しましたが、翌23年4月にパリから100kmほどドーヴィル寄りの地で、義兄の北白川宮成久王が運転するVoisin 23CVランドーレットで事故に遭いました。この事故で不幸にも北白川宮は亡くなり、朝香宮も現地で長期療養を余儀なくされましたが、結果的にこれが幸いする形で、アールデコ博覧会など最新のフランス文化に触れ、そこで得た知己を生かした後年の庭園美術館の建立へとつながっていきます。


療養をほぼ終えた朝香宮は夫妻でヨーロッパ各地を旅行することになりますが、フランスでは再びショファードリブンのVoisinに乗っています。ふつうなら、同じメイクは縁起が悪いというべきところ、あるいは彼の美的感覚に合ったのかもしれません。ただしフランスからVoisinを持ち帰ることはなく、帰日後は、Hispano-SuizaとDelageに乗っていたようです。(戦前に日本にVoisinは存在しなかったはずです・・たぶん戦後も)
ちなみに、朝香宮のお嬢さんが嫁いだ鍋島直泰氏が、後に自宅ガレージに職工を通わせ、自らデザインしたボディをHispano K6に架装させたことにも、大きく影響を与えていたと思われます。


なお今回驚かされたのは、事故に遭ったVoisinの、無残にもつぶれたラジエーターそのものが展示されていたことでした。どうやら後に入手したフランス人より寄贈されたようです。まさかこれが残されていて、しかもここで見ることになろうとは思いもかけませんでした。


というわけで、ご興味ある方は今週末に足を運んでみてはいかがでしょうか。余談ながら、"a bit ahead"な話としては、最近とみにネタ切れな父のコラムの題材にもなったようです(笑)




2011年1月11日火曜日

Auto Unions in USSR


ソ連にAuto Unionのtype C/Dが多数接収されたことは冷戦中から有名だったが、憶測を超えた情報を目にすることは、壁の崩壊後もあまりなかったと思う。だから、ここのまとまった情報はとても興味深いはずだ。




<要約>
ドイツの雑誌"Oldtimer-Markt"に掲載されたNikolai Alexandrov氏の長年の調査結果によると、1945年の秋に18台のP-Wagenが、BMW 328/Wanderer W25K/SS100/6C 2500/8C 2900と一緒にモスクワの国家自動車研究機関に運ばれたとのこと。現車はここでつぶさに分解・研究され、(Streamlinerを含む)4台は最終的に廃棄された模様。
ほぼ同時期に、スポーツカーの生産を計画していたZISにも2台が送られた。そのうちの1台(16気筒+フリクションダンパー)は廃棄され、もう一台のType C/Dヒルクライマー(+ハイドロリックダンパー)は、彼らの手に余った挙句に放置されたまま、あと少しで廃棄されそうだったところをソ連のクラシックカークラブメンバーにより救い出され、ラトビア/リガのミュージアムを経て近年Audiが(レプリカの提供と引き換えに)入手。
それとは別の4台は、GASでレーシングカー開発に用いられた。こちらは、結局パーツとして使われた模様。そのうちの1台(type D)は1946年6月9日のデモ走行で観客を巻き込んだ事故で全損。
しばらく経った1950年ごろのこと、1台のTypeC Streamlinerを含む3台を、ウクライナのドライバー/コンストラクターのVladimir Nikitin氏が入手。Streamlinerは、Podebaの4気筒エンジンを積んだStreamlinerに使われ、残るオープンホイールの2台は、80年代に最終的にUSのPaul Karassik氏が入手。
・・・ということで、現在ロシアにはあっても、あと3台しかないというのが結論だそうです。bulletin boardでは、これに継いで、Rosemeyerの眼鏡の話などにも拡がっています。
ロシアンコネクションのある方、お探しになってくださいませ(長文おつきあいありがとうございますmotorsports)。

#そういえばTypeC/Dを入手するとてNeil Corner氏が手放したから、80年ごろ日本にW125が来たんだったよな。。。


2011年1月6日木曜日

Greenwood Roadway SCCA club race (probably '64)

とあるUSのメーリングリストで回ってきた昔の映像。
IowaのDes Moinesから南に30マイルほどにあったGreenwood Roadwayというコースで開かれた、おそらく64年のSCCA Club raceだろうとのことです。
550RSやら、23Bや11やら、289やSpeedsterが混じって走り、カニ目の大群に白いOSCA?が混じるFP?クラス、さらにFVee、TR4が多いDP?、最後は'vetteにGenieみたいなのが混じるunlimitedクラスが走ってます。音がないのは残念ですが、いい雰囲気です。











ちなみにこのGreenwood、現在はこんな状況のようです。








2011年1月1日土曜日

2011!

2011 あけましておめでとうございます。


本年もみなさまが脱兎のごとく飛躍されることを願いつつ、新年のご挨拶とさせていただきます。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


#残念ながら元旦は、朝から晩まで仕事です・・・