2011年1月11日火曜日

Auto Unions in USSR


ソ連にAuto Unionのtype C/Dが多数接収されたことは冷戦中から有名だったが、憶測を超えた情報を目にすることは、壁の崩壊後もあまりなかったと思う。だから、ここのまとまった情報はとても興味深いはずだ。




<要約>
ドイツの雑誌"Oldtimer-Markt"に掲載されたNikolai Alexandrov氏の長年の調査結果によると、1945年の秋に18台のP-Wagenが、BMW 328/Wanderer W25K/SS100/6C 2500/8C 2900と一緒にモスクワの国家自動車研究機関に運ばれたとのこと。現車はここでつぶさに分解・研究され、(Streamlinerを含む)4台は最終的に廃棄された模様。
ほぼ同時期に、スポーツカーの生産を計画していたZISにも2台が送られた。そのうちの1台(16気筒+フリクションダンパー)は廃棄され、もう一台のType C/Dヒルクライマー(+ハイドロリックダンパー)は、彼らの手に余った挙句に放置されたまま、あと少しで廃棄されそうだったところをソ連のクラシックカークラブメンバーにより救い出され、ラトビア/リガのミュージアムを経て近年Audiが(レプリカの提供と引き換えに)入手。
それとは別の4台は、GASでレーシングカー開発に用いられた。こちらは、結局パーツとして使われた模様。そのうちの1台(type D)は1946年6月9日のデモ走行で観客を巻き込んだ事故で全損。
しばらく経った1950年ごろのこと、1台のTypeC Streamlinerを含む3台を、ウクライナのドライバー/コンストラクターのVladimir Nikitin氏が入手。Streamlinerは、Podebaの4気筒エンジンを積んだStreamlinerに使われ、残るオープンホイールの2台は、80年代に最終的にUSのPaul Karassik氏が入手。
・・・ということで、現在ロシアにはあっても、あと3台しかないというのが結論だそうです。bulletin boardでは、これに継いで、Rosemeyerの眼鏡の話などにも拡がっています。
ロシアンコネクションのある方、お探しになってくださいませ(長文おつきあいありがとうございますmotorsports)。

#そういえばTypeC/Dを入手するとてNeil Corner氏が手放したから、80年ごろ日本にW125が来たんだったよな。。。


7 件のコメント:

  1. とても興味深いです。何台か廃棄された(らしい)のは「やっぱり・・・」とか思いましたが、ハンマーを振り下ろしたのが Auto Union ではなく第三者なのが複雑な気分です。
    吸収合併したメーカー・されたメーカーの立場とはニュアンスが違いますが、押収した後に残しておけば良いモノをどうして簡単に壊すかなぁ。
    #の W125はレストア時に間違いが幾つかあったらしいですが、残ってさえいれば修正できますけど、無くなってしまったらどうにも・・・。

    返信削除
  2. >CLOTさん
    共産主義時代のソ連について笑い話があります。各工場長の成績は出荷高=重量ベースだったので、あるキャンプ用品の工場長は急にキャンプ用トレーの厚みを倍にして評価を上げたそうです。そのせいで、ソ連民はみんな重ーいトレーをもってキャンプせざるを得なくなったというオチがつきますが。
    こういう観点でみると、軽量なP-wagenは価値が低かったかも。あとは18台も分捕ってくると、ありがたみも低かったでしょうし。
    そういえばW125のレストアは、国内で塗り替えたときの話ですか?日本に来た当初、W125はメカのTさんが乗り、Hさんが運転する6.3で綿引まで曳いて行ったのを覚えてます。

    返信削除
  3. 興味深いお話ですね!
    飛行機ネタで申し訳ありませんが、
    「Glacier Girl-Lockheed P38」
    「The Lost Squadron」の事を思い出しました。
    http://p38assn.org/glacier-girl.htm

    返信削除
  4. 映像的には、以下YouTubeの方が要点がまとまっています。
    http://www.youtube.com/watch?v=Lw0IWywLrcg

    返信削除
  5. >BT16Aさん
    ありがとうございます。Glacier Girlの件、だいぶ前にに雑誌Schneiderで読んだ記憶がありますね。ロシアにまだP-wagenが眠ってるとしたら、ツンドラの中かも??

    返信削除
  6. Type-Cは、二年前に日本に来た時に取材し、最近描き上げました。巨匠の故猪本さんは、前から描かれていますが、私はリヤから狙いました。CG誌に掲載予定ですが、なかなか誌面が空かない様です。

    返信削除
  7. >makoto.oさん
    そうでした、mixiの日記で拝見していましたね。CGは、各号とも単メーカー特集化しているようなので、AUDI特集をやるときがチャンスなのかな、と思いました。
    ところで猪本さんはちょうど1年ぐらい前に亡くなっていたのですね・・ショックです。

    返信削除