2011年1月6日木曜日

Greenwood Roadway SCCA club race (probably '64)

とあるUSのメーリングリストで回ってきた昔の映像。
IowaのDes Moinesから南に30マイルほどにあったGreenwood Roadwayというコースで開かれた、おそらく64年のSCCA Club raceだろうとのことです。
550RSやら、23Bや11やら、289やSpeedsterが混じって走り、カニ目の大群に白いOSCA?が混じるFP?クラス、さらにFVee、TR4が多いDP?、最後は'vetteにGenieみたいなのが混じるunlimitedクラスが走ってます。音がないのは残念ですが、いい雰囲気です。











ちなみにこのGreenwood、現在はこんな状況のようです。








8 件のコメント:

  1. エスロクレーサー2011年1月6日 19:17

    昔FISCOのバンク下でバーベキューしながらレース見ていたのを思い出しました。
    カニ目いい感じですね。
    出来ればもうちょっと寄った画ならなおよかったのに。

    返信削除
  2. >エスロクレーサーさん
    昔のFISCOはそういう見方ができたのですね。頭上のバンクをクルマが縦に並んで流れていく景色は見たことがないので興味深いです。
    ところでこのコース、要はアメリカのど真ん中(IOWAはPork State=豚の州)っていわれるぐらいのど田舎にあるのですが、それでもこんなラインナップが揃っていたということで、いかにUSの外貨が強かったか、そしてロードレースが全米的に盛り上っていたかということがわかるのが興味深いのです。

    返信削除
  3. これいいなぁ〜。
    京都方面に眠ってる某ヒーリーなんかは
    こんなレース走っているイメージですよね。

    返信削除
  4. >エロワラさん
    ゴルヒーリーは、やっぱり80年代の作りだと思いますよ。もっと素のままが64年式でしょう。
    でもね、80年代初頭のSCCJってそんな感じ。遊びに来るチャンスがあれば、そのころの映像でも見てってください。後に全損しちゃったTFR2とかも写ってる、テレ朝のOA素材です。

    返信削除
  5. いいですねー。このサーキット。日本にはおよそ作れないタイプ。やっぱり土地の広さが大事なのかなぁ。

    返信削除
  6. >ta_tsuさん
    調べてみると、FSWとほぼ同じ長さあったようですね。自然の地形をそのまま使うので、必然的にアップダウンがキツイので面白いコースになります。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Greenwood_Roadway
    USのレース界はFIAと距離を置いているので、今でもクラシックな(やや危険な)コースが多々あって、それが魅力です。たとえば、昔F1をやっていたWatkins Glen↓は典型的ですね。
    http://www.youtube.com/watch?v=D6K78YKA9UE

    返信削除
  7. いいですねー。自然の地形を生かすサーキットって日本じゃ無理なんでしょうね。菅生とかハイランドとかも地形は生かしてる方なんだろうけど、絶対的に狭いから。
    自分がサーキットよりワインディングが好きなのも、日本的な柵&檻の中の感じで狭い場所をジムカーナみたいに何度も折り返してグルグル回るのが嫌いなんですよね(笑)。
    こことかドニントンパークみたいな広いサーキットは、足腰、三半規管がしっかりしてるうちに、ぜひ走って見たいです。

    返信削除
  8. >ta_tsuさん
    日本でもやむを得ず自然に従ったところもありますが、単なる山の断面になっていて、これまた違うものなんですよね(たとえば徳島の阿讃サーキットとか)。
    ぜひ海外行かれるチャンスがあったら、好きなコースを走ってみてください。その前にGT5とかで研究でしょうか。

    返信削除