2011年3月28日月曜日

top heavy

SZeTecno置き場所がない事情はさておき、SZに重い思いをさせていて心が痛みます。
では、どうしてこんなことになっているかというと・・・




Realignment以前適当にやっつけたリアのアライメントを取り直すことにしたから。言い訳がましいけど、ガソリンも使いませんし。

といっても、締めて3.5時間の準備作業で今週末はタイムアップ。
シャシースタンドと薄板で トレーラーの平面を出し、ライドハイトが正しくなるようにフレームを置き、リアのストラットを外してアルミ厚板のホイールプレートを履かせていると、あっという間に時間が過ぎてゆきます。


少なくとも初夏までレースが中止になりましたので、ゆっくりやります。


2011年3月21日月曜日

the aftermath

Gas_crisis 報道の通り、震災の影響でガソリン需給が崩れて、都内のGSには長蛇の列。給油で小1時間も待つなら、手持ちの不要不急なクルマから抜いてしまいましょう。Tecnoの安全タンクは(スポンジが邪魔して)上から抜けないので、電磁ポンプを作動させてキャブの入口から排出しました。


4月末のレースの中止発表でかなりしょげておりますが、こればかりは(特に東日本では)しょうがありませんね。ガソリン需給が持ち直し、世間も落ち着いたら、レースという場でもチャリティに協力できればと思っています。





SP実家に寄ったら、99年にScuderia del Portelloのイベントでいただいたトロフィーをくれました。たしかに重い石の台座も、その上にそびえるQuadrifoglioも鋭利な正三角形。父の書斎の棚に置くにはキケンですので、ありがたくもらってきましたw
これで98年のトロフィー(tipo158のステアリングモチーフ)とペアになりました。


Sakuraウチの庭のマメザクラには、咲きかけの1輪が。
希望の季節であるべき、春を実感します。


2011年3月15日火曜日

we are okay.

3月11日の大震災では、おかげさまでわれわれ(私、両親、近隣の友人たちや同僚など)はみな大丈夫でした。各SNS上でつぶやいていたこともあり、こちらでお知らせすることがすっかり頭から抜けており失礼いたしました。ご連絡をいただいたみなさま、ありがとうございました(ウィーンにアパートがあるから何かあったらどうぞ、というお申し出さえ)。
あらためて、本震災で被災された方々へのお見舞いを、特に不幸にも命を落とされた方々のご冥福をお祈り申し上げます。


We are entirely safe and okay from the biggest earthquake on March 11. Fortunately no damage was done to our family, close friends, colleagues, home and cars.
Our deepest sympathy and prayers go out to all of those who suffered from the quake, especially who lost his/her lives or loved ones.




 


(現実を目前に、もはや余談でしかありませんが・・)
実は震災当日に偶然休暇をいただいており、実家のガレージにおりました。そして、ひとりでできない調整を手伝ってもらうべく、午後早い時間にフェイズワンさんまでTecnoを持ってゆく予定だったのです。
ところが偶然にも、フェイズワンさん真下の角で当日に道路工事をしていることが昼ごろわかり、それが終わる15時過ぎに到着すべく、そろそろガレージの扉を開けようかというタイミングで地震が起こりました。
最初はゆらゆらとめまいのように揺れていたのですが、だんだん強くなり、いつまでも止まず、ふと周りを見るとギアを入れて駐めてあるクルマが前後に大きく揺れています。幸い周囲の棚が倒れる雰囲気もないので上階に駆け上がると、母は机の下に、父は自室の棚を押さえておりました。
ごくわずか、立てかけてあったものが倒れたぐらいで何もダメージはなく、あるいはガス電気水道などのインフラも影響がなく、本当にわれわれは恵まれていました。また、偶然に偶然が重なってその瞬間に年老いた両親と同じ場所にいることができたのも幸運だったと思います。


その反面、今もなお被害全体の把握さえできない中で、被災地で多くの方々が不安な時を過ごしていらっしゃること、私自身が今すぐ直接的に何かをできない無力感に、やり場のない心痛を覚えます。
ここまでの幸運を今回神様から授けていただいた以上、その分を被災された方々やこの国にどのようにお返しできるか、これからの大きなテーマです。